1jp

買わないと当たらないが、買ってもナカナカ当たらないのが宝くじだ。それでも買った人は、「当たったらコレ買ってアレして~!」と想像を膨らませて楽しむのである。

ちなみに、海外では宝くじの一等賞金が数百億円にもなり、日本とは額がケタ違い! それだけに、割と裕福な人が当選したりすると「フェアじゃない!」とブーイングが起こったりするが、今回は当たるべく人に宝くじが当たったと話題になっているのだ。

なんと難病の子供を抱えた4児のシングルマザーが宝くじに当選し、1億8800万ドル(約220億円)をゲットしたのである!!

・ 難病の子供を抱えた4児のシングルマザー

何百億円もの宝くじに当選した人の話を聞いたら、“1億円ぐらい分けてくれ!” とボヤきたくなるが、今回の当選者マリー・ホームズさんは話が別だ。

米ノースカロライナ州に住む26歳の彼女は、無職で4児のシングルマザー。しかも、子供の一人が脳性小児麻痺を患っているため、彼女は看病のために、マクドナルドとスーパーマーケットの仕事を辞めざるを得なくなったのだ。

・苦境にいる無職の母親が宝くじで220億円をゲット!!

ガソリンスタンドのコンビニでロット宝くじを購入したマリーさんは、もしかしたら当たることを期待していた訳ではなく、しばし自分の苦境を忘れるために夢を見たかっただけかもしれない。

ロット宝くじとは、自分が選んだ数字6個の組み合わせが当たったら、賞金が獲得できる仕組み。くじの当選番号が発表された日、彼女は自分の番号と照らし合わせて、数字がドンピシャで当たっていたのが分かった時は心臓発作を起こしそうになったという。

・賞金は、30年かけるか一度に貰うか選択が可能

アメリカで宝くじの賞金は、当選額を30で割った額を30年にわたって毎年受け取るか、税金を引かれた額を一度に貰うか選択が可能だ。マリーさんの場合、一度に貰う場合は1億2700万ドル(約150億円)を受け取ることになるとのこと。

・家を購入して子供達の大学進学資金口座を設立

ニュース番組のインタビューに応じた彼女は、「まだ信じられません!! 銀行にお金が振り込まれた時に、実感が湧くかもしれないですね。今までの私になかった物を、子供達に与えられることに感謝しています」と語っている。

お金が振り込まれたら、まず彼女は、自分が通っている教会に寄付して家を購入し、子供達の大学進学資金口座を設立するそうだ。アメリカでは医療費が莫大なため、病気の子供の治療費にも役立てることができるだろう。

以前、歌手で女優のジェニファー・ロペスの母親が、宝くじに当たったニュースが報じられたことがあった。たっぷりジェニファーから貰っている小遣いを使って、大量の宝くじを購入して当てたそうだが、やはり宝くじは生活に困っている人に当ててほしいと思う。マリーさんが宝くじに当たったのは、神様の思し召しだったのかもしれない。

参照元:YouTubeMail OnlineNBC NewsFOX8(英語)
執筆:Nekolas

▼難病の子供を抱えた4児のシングルマザーが、宝くじで220億円当てたニュース動画はこちら