1jp

美人は何かと得することが多いようだが、美しいだけではやっていけないも世の中である。特にミスユニバースを代表する美人コンテストでは、学歴や知性、特技や社会への貢献度といったことも審査の重要なポイントとなる。

そんな美人コンテストで、自分が選ばれなかったことに気分を害して、問題を起こしまった準優勝者が注目の的となっている。なんと彼女は、ステージで優勝者に襲い掛かり、ティアラを奪い取り罵倒する騒動を起こしたというのだ。前代未聞のハプニングの全ては、動画「Miss Amazonas 2015 Shocking Coronation」に収められているぞ!

・美人コンテストで思わぬハプニングが!

ところで読者の皆さんは、南米女性にどんなイメージを抱いているだろうか? グラマーで情熱的で勝気……南米の気候のような、ちょっと熱い女性を思い浮かべる人が多いかもしれない。

まさに、そんな予想がつかないハリケーンのようなカオスが起きてしまったのは、ブラジルのマナウスで開催された美人コンテスト「ミス・アマゾン」だ。候補者全員がステージに並び、優勝者が発表される緊張の一瞬。最終的に栄冠に輝いた法律学生のキャロライナ・トレドさんは、優勝者に贈られるティアラをかぶらされ、会場は祝福の拍手で包まれた。

・準優勝者がティアラを奪い取る事態が発生!!

……と、その時だった! 背後にいた赤いドレスの女性が、突然キャロライナさんのティアラを奪い取り床に叩き付け、罵声を浴びせて退場してしまったのである!!

この女性は、準優勝に選出されていたシェイズレン・ハアラさん。ティアラをつかみとる直前は、優勝者の手を握り祝福の言葉を述べていた彼女に一体何が起きたのだろうか!?

・“優勝をお金で買った!” と非難

なんでも彼女が罵声を浴びせた時に、「マナウスでは金がモノを言うのよ!! アマゾンの人に、ここでは金は通用しないって教えてやりたいの。彼女は優勝に値しないわ!」と叫んでいたとのこと。

どうやらシェイズレンさんは、キャロライナさんが優勝をお金で買ったと非難していたようなのだ。というのも、コンテストの主催者を知り合いに持つキャロライナさんが、元から優勝者に選ばれることが決まっていたとの噂が流れていたからだ。

・騒動の当事者は処罰される可能性も

しかし、被害者のキャロライナさんは、「今の気持ちを言葉で表現しようがありません」と、突然の出来事にショックで打ちひがれている様子。準優勝者も出身地を代表して、1年を通じてイベントなどに参加するはずだったが、コンテストの主催者はシェイズレンさんを罰に処すべきか検討中だと報じられている。

優勝者のキャロライナさんは、この後全国大会へ出場する予定だ。

コンテストに関する噂の真偽のほどは確かではないが、“負け” を素直に認められるかどうかも、人間としての器を測るポイントとなる。もしかしたら、シェイズレンさんのそういった一面を審査員は見抜いていたから、優勝者として選出されなかったのかもしれない。

参照元:YouTubeMirrorMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼美人コンテストで起きた前代未聞のハプニングを収めた動画はこちら