1jp

日本では中学校までの義務教育制度が整っているが、世界では、今でも子供達が十分な教育を受けられない地域がある。そして、国によっては子供時代に学校へ行けなかったため、読み書きができないお年寄り世代もいる。

そんな、ケニアに住む90歳のおばあちゃんが聖書を読めるようになりたいと、曾曾曾孫達と一緒に小学校へ通っているニュースが話題を呼んでいる。世界最年長の児童だと思われる、頑張り屋のおばあちゃんを紹介したいと思う。

・世界最年長の児童は90歳のおばあちゃん!?

ケニア人で90歳のおばあちゃんプリシラ・シチエネイさんは、5年前から地元の小学校へ通いだした。子供の頃に学校へ行くことができなかった彼女は、読み書きを覚えて聖書を読めるようになりたいのだという。

・曾曾曾孫達と一緒に勉強

プリシラさんが教室で一緒に勉強するのは10~14歳の児童で、そのうち6人は、なんと彼女の曾曾曾孫達である。さらに、65年間も助産婦として働いてきた彼女は、生徒の何人かを取り上げたというから、子供達にとって彼女は同級生というより保護者的な存在だろう。

・思春期の子供達に教育の大切さを伝えたい!!

ケニアでは、学校へ行かない思春期の子供達が多く存在し、なかには独身のまま若くして赤ちゃんを産むケースも多々ある。プリシラさんは、そういった子供達にどうして学校へ行かないのかと聞くと、「もう若くないから」と答えるのだそうだ。

そこで、90歳という高齢ながら学校で学ぶ自分の姿を見せることで、「私が学校へ通っているのだから、あなたも学校で学ぶべき」と、教育の大切さを伝えたいとの思いもある。

・子供達に地元の慣習を受け継ぐ役目も担う

しかし最初のうち、小学校はプリシラさんを受け入れてくれなかった。だが彼女の熱意が伝わり、今では校長も「プリシラが子供達のお手本になっている」と誇りに思っているとのこと。読み書きだけでなく、算数と英語、ダンスや歌の授業も受ける彼女は、古くから伝わる地元の慣習を児童に受け継ぐ役割も果たしている。

・世界最年長の児童!?

今のところギネス世界記録に載っている世界最年長の児童は、同じくケニア人で84歳のキマニ・マルジさんだ。ということは事実上、プリシラさんが世界最年長の児童だと言えそうだ。

“教育は財産になる” とのメッセージを、特に女の子に伝えていきたいとうプリシラさん。「何を始めるにしても遅すぎることはない」との教訓を、彼女から大いに学べるのではないだろうか。

参照元:YouTubeBBCThe TelegraphFamily Online(英語)
執筆:Nekolas

▼小学校で読み書きを習う90歳のおばあちゃんのニュース動画はこちら