4jp

「激しい運動をせずに痩せられたらいいのに」と思っている人は、たくさんいるに違いない。毎日仕事で疲れているのに、退社後や休日にエクササイズをする気にナカナカなれないのは、仕方ないというものだ。

そんな人にお伝えしたい情報がある!! 椅子のアームを利用した運動法で、座ったまま運動不足が解消できる椅子が開発され、話題を集めているので紹介したい。

・座るだけで運動不足が解消!

座るだけでカロリ-消費できる椅子「Tao Chair(タオ・チェア)」を開発したのは、米Tao-Wellness社だ。共同設立者のフィロ・ノースアップ氏は、“少し空いた時間をエクササイズする時間に” をコンセプトに、座ったままで運動不足を解消できる椅子を開発。

Tao Chairの写真を見ると、何やらアームの部分が複雑な形に湾曲している。このアームを使用することで、インナーマッスルを鍛えるピラテスや、体幹の安定性を鍛えるプランクといったエクササイズと類似した効果を得られるのだ。

・等尺性収縮による最小限の運動が可能

要はTao Chairに座り、アームの握り方を変えたり脚をアームに押し当てて、鍛えたい箇所に力をかけて押したり引いたりするだけ。そうすることで “等尺性収縮” と呼ばれる、体を大きく動かすことなく筋肉に負荷をかける運動で、肩や腕、脚の筋肉や腹筋を鍛えられるのである。

・テレビを見ながら手軽に運動できる椅子

Tao Chairの紹介動画「The Tao Chair lets you work out without getting up」を見ると、アームをつかんで体を前へ起こそうとすると、かなり腹筋と腕の筋肉にこたえているようだ。「体の芯の部分から鍛えられる感じだね。これなら仕事で疲れた日でも、テレビを見ながらとできそうだ」と、使用者はコメントしている。

・搭載センサーで消費カロリーや運動量が分る!!

さらに、アームに内蔵されたセンサーが消費カロリーや運動量を記録し、アームについたパネルに表示してくれる機能も搭載。また、AndroidとiOSに対応したTaoモバイルアプリと連携すれば、多様なエクササイズ法やゲームを取り入れた運動法で、楽しく運動不足が解消できるのだ。

2015年、米ネバダ州で開催される世界最大の国際家電見本市「International CES」で、出品される予定のTao Chair。テレビを見ながら手軽に運動不足が解消できるとあっては、販売開始されたら “即買い!”かもしれない。

参照元:YouTubeMashableTao Chair(英語)
執筆:Nekolas

▼Tao Chairを実際に使用してエクササイズしている動画

▼湾曲したアームを使用したエクササイズで、筋肉を鍛えられる!
3jp