2jp

人工授精のおかげで、実際に妊娠可能と言われる年齢を過ぎても出産できる時代になり、高齢になってから親になる人もいる。世界では60歳を越えてから出産する女性もいるのだが、子供を残して親が早期に亡くなる可能性もあり、倫理・道徳観を問われている問題であもる。

そんな、世界最高齢の70歳で双子を出産したインド人の母親が「高齢で子供を育てる苦労と喜び」を語っているので紹介したい。

・70歳で双子を出産したインド人女性

2008年、インドのウッタル・プラデーシュ州に住むオムカリ・シンハさんは、70歳という高齢で双子のアカシュヴァニ君とバーサットちゃんを出産し、世界中で話題となった。

それから6年が経ち、76歳になったオムカリさんと89歳の夫チャランさん。不幸にもバーサットちゃんは4歳の時に亡くなってしまったとのことで、6歳になった息子アカシュヴァニ君を高齢で育てることについて語っている。

・高齢で6歳児の育児は大変だけど幸せ一杯!

育ち盛りのやんちゃな6歳児を育てることは、年齢が若くても大変な仕事である。それだけにオムカリさんが双子を出産した時、かなりの高齢で子供を持ったことに世界中から批判を受けてしまった。しかし、「6歳の息子の母親として幸せで、この気持ちは言葉では表現しきれません」と語る彼女は、幸せ一杯な様子だ。

どの6歳男児もわんぱくなように、アカシュヴァニ君も例外ではない。通学準備をさせる時が一番大変だそうで、お風呂に入れて着替えをさせて朝食を食べさせたりと、バタバタと忙しい朝は息子のペースに追いつくのに苦労するという。

・人工授精の費用は借金をして捻出

すでに夫婦には娘2人と孫5人がいたが、体外受精による出産を決心したのは、家督の農地を継がせる息子が欲しかったからだ。人工授精にかかる費用は、土地を担保に入れて貯金を切り崩し、カードでローンを組んで捻出。

それでも「息子がいなかったら、私にとって人生は意味がありません。誰も家を継ぐ者がいないのですから」と言う母親は、借金をしてまで高齢出産したことに後悔はないようである。

・息子の結婚式までは長生きしたい!

どんなに息子を愛していても、すでに76歳の母親に残された年月は長くない。息子の結婚式までは長生きしたいというオムカリさんは、自分がいなくなっても成人した娘達が息子を育ててくれるので、何の心配もしていないそうだ。

「死期を迎えるまで、息子との時間を精一杯生きたい」とも語るオムカリさんは、生きる目的があることで、さらに長生きできるかもしれない。

参照元:YouTubeMail OnlineTRENDING NEWSghana nation(英語)
執筆:Nekolas

▼76歳で6歳児を育ている喜びと苦労を語る母親のニュース動画はこちら

▼息子のアカシュヴァニ君と夫のチャランさんと一緒に
2jp

▼70歳でオムカリさんが双子を出産した時の写真
1jp