3

ネコには「気まま」「勝手」「名前を呼んでも聞こえないフリをする」などといった、冷たいイメージが付きまといがちだ。

しかし、今回お伝えするニュースを知れば、「ネコってなんて優しい生き物なんだ!」と痛感するはずである。なんと1匹のネコが、冬の寒い中に捨てられた人間の赤ちゃんの体を温めて、命を救ったというのだ! 冬と赤ちゃんとネコ……もうこの言葉の組み合わせだけで涙があふれてくるではないか……。

・寒いロシアの冬から赤ちゃんを守ったニャンコ!

2015年1月、ロシア南部のオブニンスクで1人の赤ちゃんが置き去りにされた。あのロシアの冬に無防備な赤ちゃんが1人……。想像するだけでも恐ろしい状況だが、赤ちゃんは数時間にも渡って、放置された状態にあったと見られている。

しかし、ある1匹のネコがその赤ちゃんに寄り添っていたのだ。それが今、世界中から「ヒーロー・キャット」と讃えられる長毛種のメスネコ、マーシャである! 

・マーシャの鳴き声を聞きつけた住人が赤ちゃんを発見!

赤ちゃんの体を温めつつ、助けを呼ぶかのように大声で鳴いていたマーシャ。その尋常でない鳴き声に驚いた近隣住民が、急いで声のする方に集まったところ、そこには人間の赤ちゃんの姿が……! ちなみに赤ちゃんは、アパートの中に設置されたマーシャ用の段ボール箱の中に、寝かされていたということである。

一方のマーシャは、赤ちゃんの顔をペロペロ舐めたり、赤ちゃんの救出時には人々の後を追いかけたりと、「まるで赤ちゃんのことを心配しているかのような様子を見せた」と住民たちは話している。

・警察が赤ちゃんの身元を確認中

その後、搬送先の病院で赤ちゃんの無事が確認され、生後約3カ月の男の子であることも判明。発見時、赤ちゃんは暖かい格好をしており、離乳食やおむつも一緒に残されていたということだ。現在、警察が赤ちゃんの身元確認と両親の捜索を行っている。

・ご褒美をたくさんもらえたマーシャ

以前からアパートの人々に可愛がられてきたマーシャだったが、赤ちゃんを見つけたことで、さらに人気者に。美味しい食べ物など、たくさんのご褒美が振る舞われたということだ。

しかもマーシャの功績は世界中に広がり、ネット上では「やはりネコは最高だ!」「まさに天使や」「ネコも赤ちゃんも両方とも幸せに暮らしてほしい」などとマーシャを称賛する声が高まっている。

マーシャは、ただ暖を取りたくて赤ちゃんと一緒にいただけじゃないの?」という意見もあるが、それでもマーシャが赤ちゃんを救ったことは事実。犬の攻撃から少年を守ったネコがいたように、ネコは優しく勇敢なのだ。胸を張ってネコたちを讃えたい。

参照元:Daily MailRT(英語)YouTube(ロシア語)
執筆:小千谷サチ

▼これが今回のヒーロー・ニャンコのマーシャ!

▼赤ちゃんも元気そうだ
2