1jp

スマホが登場して以来、自分で自分の写真を撮る “自撮り=セルフィー” が大流行。それに伴い、簡単に自撮りができちゃうセルフィー棒が登場して人気を集めた。特に、人にイチイチ頼まなくても記念撮影できるため、多くの旅行者によって愛用されているようだ。

そんなセルフィー棒がさらに進化した「BelfieStick(ベルフィースティック)」なる商品が誕生して話題を集めている。こちらの商品はラクラク自分の後姿が写せるというのだが、以前に紹介した「自撮り用ハット」よりは使いやすそうである。

・後姿を撮影する人は意外に多い!

まず、「わざわざ自分の後姿を撮影する人などいるのだろうか?」との疑問が沸き上がった人がいるかもしれない。だが、お騒がせセレブのキム・カーダシアンをはじめ、海外では自分の後ろ姿や斜めに振り返った姿を撮影する人が意外に多い。特にキムは、トレードマークとなっている豊満なお尻をしょっちゅう自撮りしていることでも知られている。

だが自分で後ろ姿を撮るのは案外大変で、よほど腕が長くでもない限り、望み通りの位置から撮影するのは困難だ。そこで開発されたのが「BelfieStick」である。

・曲がるアームで撮影角度や位置が自由自在

Belfieは「Seifie=セルフィー・自撮り」をもじって、Behind(後ろ)を意味する “B” を名前に組み込んでいる。米On.com社が販売開始予定のBelfieStickは、アームの長さを調節して曲げることができるので、自由自在に好きな角度や位置から撮影できるのだ。

同社のテクノロジー部門で責任者を務めるケヴィン・ディーガンさんは、SNSにお尻や後姿の写真がやたらと多いことに気づき、商品の開発を思い立ったという。

・Bluetooth機能搭載でスマホと連携

そしてBelfieStickは、通常のセルフィー棒と同じくBluetooth機能搭載だ。よってスマホと連携して、アームの先についたシャッターボタンを押すだけのラクラク操作で撮影ができてしまう。イチイチ鏡をチェックせずとも、簡単に後姿を撮れてしまうのだ。

AndroidとWindows、Appleのデバイスにつなげて使用できる同商品は、79.99ドル(約9400円)の価格で今年下旬の販売を目指しているそうだ。

ネットで購入できるセルフィー棒と比べたら少々値段は張るが、色んな角度から撮影できるため、BelfieStickを1本持っておいた方が何かと便利かもしれない。

参照元:Facebook @BelfieStickMail OnlineBelfieStick(英語)
執筆:Nekolas

▼曲がるアームがついた「BelfieStick」で、ラクラク後姿を撮影!

▼BelfieStickがあれば、こんな風に鏡を見ながら撮影しなくても済むぞ!!

▼キム・カーダシアンがお尻を写しているセルフィー画像

View this post on Instagram

🙏

A post shared by Kim Kardashian West (@kimkardashian) on