2014-12-24_161911

クリスマスに全米公開予定だった北朝鮮・金生恩氏の暗殺をテーマとしたコメディ映画『ザ・インタビュー』の公開をめぐり、アメリカと北朝鮮でサイバー攻撃の応酬が続いているらしい。

そんななか、映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントに、テロ予告をしたハッカー集団がFBIを挑発する文章と共に「謎の動画」のURLを発信したそうだ。

動画のURLが公開されたところ……どう見ても10年くらい前に日本で流行したフラッシュアニメ!! しかもAA(アスキーアート)ときた! この謎すぎる動画が、米国に「何じゃコリャ!?」と、大きな衝撃を与えたそうだ。気になる動画は「you are an idiot!」で確認できる。

・北朝鮮からのサイバー攻撃?

FBIに挑発文&動画を投稿したというのは、先般、ソニーピクチャーズに攻撃をしたハッカー集団「Guardians of Peace(平和の守護者、以下GOP)」だ。GOPの正体は不明だが、一連のハッキング行為をオバマ大統領も「北朝鮮の犯行」という見方を強めているという。

・ハッカー集団がFBIにプレゼント

そんななか、GOPがFBI(連邦捜査局)を “大絶賛” するコメントを公開したというのだ。海外サイト『Mashable』によると、そのコメントは以下の通り。

「GOPより

FBIによる調査結果は、本当に素晴らしいものでした! あなたたちは犯行現場を見てたのかもね。あなた方の成功に祝福を! FBIは世界最高です。以下のアドレスより、FBIへのプレゼントを見ることができます。

楽しんで!」

もちろんこの絶賛文は、“挑発” であろう。そしてGOPからの “プレゼント動画” のリンクを開いてみると……こ、これは!! 

「you are an idiot!(お前はバカだ!)」という奇妙な歌詞と共に流れているのは、どう見ても10年くらい前に流行った「AA(アスキーアート)」! どう見ても2000年代にネット界を席巻した「フラッシュアニメ」ではないか!! 何じゃコリャ!?

・海外ユーザーの声

この動画を見た海外のユーザーからは、軽い混乱の声が寄せられている。

「クッソ笑った」
「何これ面白い~」
「ハハハハハ!!」
「すごく不安と恐怖を感じる」
「なんで日本語なの? 何て言ってるの?」

一方で、

「2003年頃に見たことがある、名作は時代を超えるんだな」
「これは別人が作ったビデオだよ。でも何かメッセージが隠されているのかも」

という声も。そう、ネットユーザーが指摘している通り、このアニメーションはは2000年初頭に世に出回り、2006年YouTubeに公開されたものだ。GOPが今回のために作成したものではないと見ていいだろう。『Mashable』も「動画は、発信元の手がかりになるものではない」としている。

それにしても、なぜこれだったのか。なぜコイツの存在を知っていたのか。混乱に陥れようという作戦なのか? 個人的には、ちょっと懐かしかったが、それにしても動画のセレクトは謎めいたままだ。

なお、サイバー攻撃により一時は公開中止とも報じられた『ザ・インタビュー』だが、米国の一部の映画館で予定通り25日から公開されるもようだ。

参照元:Mashable(英語)、ロイター朝日新聞
執筆:沢井メグ

▼こちらが海外ユーザーを困惑させた「you are an idiot!」

▼『ザ・インタビュー』のトレーラー