1jp

人間同士の輸血でも血液型が同じ、もしくはO型の人からしか輸血を受けられないことは常識だが、なんと異種動物間の輸血が成功したとのニュースが話題になっている。瀕死の猫が犬から輸血を受けて助かったというのだ!

“犬と猫は仲が悪い” と言われることが多々あるが、認識を改める必要がありそうだ。

・犬から猫へ輸血

犬から輸血を受けた猫は、米フロリダ州在住のアーニー・サウンダースさんに飼われている “バターカップ” だ。バターカップがグッタリして元気がないことに気づいた彼がすぐに動物病院へ連れて行ったところ、通常なら35~50パーセントある赤血球容積が7パーセントまで減少し、命に危険が及んでいることが判明したのである。

早急な処置が求められたが、輸血に必要な猫の血液が手元になかったため、窮余の一策として、近隣にある犬の血液バンクから取り寄せた血を使用することになったのだ。

・異種移植を行うことに

この種が異なる動物間で行われる “異種移植” と呼ばれる処置は、血液だけでなく臓器や組織などの移植も含まれる。治療を行ったショーン・ペリー獣医によると、犬の血液を輸血できる異種動物は猫だけだという。猫の血液には犬の抗原に対する抗体がないため、輸血しても凝固や拒絶反応が起きないのだ。

しかし、犬の血を輸血すると猫の体内に異物に対する抗体ができるため、再び犬の血液を輸血すると拒絶反応を起こす可能性がある。そのため、犬から輸血できるのは一回限りである。

・犬から猫への輸血は62件

そして4時間にわたる輸血を受けた結果……バターカップは順調に回復しているそうだ! よかった!! 実は犬から猫への輸血はバターカップが初の例ではない。アメリカだけで今のところ62件が報告されているそうだ。

ちなみにアーニーさんは、メスだと思って “バターカップ” というかわいらしい名前をつけたのに、今回の治療でオスであることが判明して少しショックを受けていたそうだ。

犬から猫へ輸血できるとは、全く知らなかったので驚きである。さらに驚いたのは、猫も人間と同じく、A型の猫にB型の猫の血液は輸血できないので、犬の血液を輸血したほうが安全性は高いのだとか。ちょっと犬は苦手だという猫ちゃんも、これから犬の見方が少し変わるのではないだろうか。

参照元:YouTubeBusness InsiderMiami Heraldmyfoxphilly.com(英語)
執筆:Nekolas

▼犬から輸血を受けた猫のニュース動画はこちら

▼猫が輸血を受けているところ
1jp