2014年9月19日に発売されて以来、たった3日間で1000万台以上を販売したという iPhone6 と iPhone6 Plus。今までの iPhone との大きな違いは、なんといっても大きさだろう。厚さは薄くなったものの、画面が4インチ(約10センチ)だった iPhone5 に比べ、iPhone 6 は4.7インチ(約12センチ)と格段に大きくなっている。

そんな大型化が進むスマホに付いて回る悩みは、片手でタッチパネルを操作しにくいということだ。そこで、スクリーンの奥まで指が届かないという人のために開発された日本の商品、「指のび~る」が海外で話題となっているので紹介したい。

・大型スマホの画面でもラクラク操作できる「指のび~る」

「指のび~る」を開発したのは、日本の会社サンコー。シリコン製の親指型のスタイラス(タッチパネル用のポインティングデバイス)を指にはめれば、指が1.5センチ伸びるのである。なのでコレを使えば、満員電車でつり革につかまりながらでも荷物を抱えている時にでも、片手でスマホをラクラク操作できるというわけだ。

・海外のネットユーザーが興味シンシン!

そんな「指のび~る」は海外メディアでも紹介されていて、ネットユーザーは興味シンシンのようである。ちょっと変わったアイディアグッズについて多くのコメントが寄せられているので、いくつか選出して紹介しよう。

「こういう商品があればいいのになって、私も同じこと考えてたの!」
「もっと大きいタブレット用に、“手がのび~る” もあるのか!?」
「マジシャンも買うべきだな」
「スマホがデカくなったら、デカい親指が必要ってことだ」
「これで問題解決だ!」
「指が少し休憩できるな」

・iPhone6 には画面を操作するための便利機能が!!

手が小さい人には重宝しそうなグッズではあるが、Apple のサイトに “iPhone6 には、大きくなった画面を操作しやすいように特別な機能が備わっている” と書かれている。タッチパネル操作中にスクリーンの奥まで指が届かない場合は、

「ホームボタンに2回タッチするだけで、画面全体が親指の方向に降りてくるのです」

とのことだ。そんな便利な機能があるのなら、iPhone6 に指のび~るは必要なさそうである……が! こういった便利機能が搭載されていない iPhone6 以外の大型スマホには大活躍しそうだ。価格も1480円とお手頃なので、ちょっとしたプレゼントにもピッタリではないだろうか。

はめたままでスマホを操作できる手袋が発売された時は、本当に便利だなと思ったものだが、テクノロジーの進化に伴い周辺グッズも進化し続けているようだ。手が小さい、または指が短くて大型スマホの操作に困っていたという人は、指のび~るを要チェック!

参照元:サンコーレアモノショップAppleMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼「指のび~る」を紹介した動画はこちら

▼海外でも大きな話題に!