1jp

今まで、いつも一緒だった友達が結婚する時は、寂しくもあり喜ばしくもあり、サプライズで何か特別なプレゼントをあげたくなるものだ。そんな気持ちを、少しひねくれた形でプレゼントした新婚カップルの友人が話題となっているので紹介したい。なんと彼らは、カップルが新婚旅行で留守にしている間に、家中を付箋紙で埋め尽くしてしまったというのである! 

・付箋紙に占領された家

イギリス在住のジェイミー&エミリー・ファロさん新婚夫婦は、イタリアで1週間の新婚旅行を楽しむ間、飼い猫に餌をやってもらうために、友人に自宅の鍵を預けていたという。そして、旅行を終えた二人が自宅に戻ってドアを開けるとビックリ仰天! なんと家中の壁と床、家具が全て付箋紙で埋め尽くされていたのである!!

・友人のイタズラに新婚夫婦が唖然呆然!

居間に仕掛けられていたカメラで、家に入ってくる瞬間をビデオに収められた二人は、「オー・マイ・ゴッド!」と声を上げて唖然呆然。とにかく付箋紙の嵐のような、足の踏み場もない居間を通り抜けて二人がキッチンへ行くと、外面はもちろんのこと、食器棚や洗濯機の中にまで付箋紙が貼られていたのである。

・使用された付箋紙は1万4000枚!!

ちなみに使用された付箋紙の数は1万4000枚で、家中を付箋紙で埋め尽くすのにかかった時間は8時間! かなり大変な作業だったに違いない。「So Sorry(ホントにごめんね)」と書かれた付箋紙で覆われたテレビも含めて、夫婦は全てを剥がすのに2時間半かかったとのこと。

・他の新婚夫婦宅には風船3000個が!

なんでも、イタズラを仕掛けた友人は、他の友達夫婦が結婚した時も3000個の風船で家を埋め尽くして驚かせたそうで、どうやらイタズラが大好きのようである。

エミリーさんが Facebook に投稿した写真には、友人や知人から「最高!」といったコメントの数々が寄せられているが、本人は「もう誰も信用しない!!」と冗談交じりに返答している。猫ちゃんたちも、家が付箋紙だらけになって驚いていたに違いない。

参照元:YouTube、Facebook @Emily PharroMail Online(英語)
執筆:Nekolas

▼壁も床も家具も付箋紙で覆い尽くされている!
5

▼キッチンも付箋紙だらけだ
1

▼猫ちゃんの背中にも!
7

▼テレビには「So Sorry(ホントにごめんね)」の文字が
3

▼予備動画はこちら