dsc09087-2

Facebookユーザーのなかで、“自分のパートナーが Facebook上で頻繁に交流している異性” の存在が気になるという人はいるだろうか? というのもある研究で、「Facebookを使用している夫婦は離婚率が高い」との興味深い結果が出て話題になっているのだ。これを読んでドキっとした人は、念のため注意したほうが良いかもしれない。

・全米43州で大々的な調査

2008~2010年にかけて、米ボストン大学のジェイムズ・E・カッツ博士率いる研究チームが、全米43州に住む既婚者を対象に、Facebookの使用が夫婦仲と離婚率にどのような影響を及ぼすか調査を行った。

・Facebookの使用が離婚率に影響

その結果、各州で Facebookユーザーが20パーセント増えると離婚率が2.18パーセント上昇することが明らかとなり、雇用状態や年齢、人種を考慮に入れて調査した後も結果は変わらなかった。今回の調査で、Facebookの使用が夫婦仲と離婚率を予測する指標になることが判明したのだ。

・SNS ユーザーは結婚の満足度が低い

このほか2011年米テキサス大学オースティン校が、18~39歳層の既婚者1160人を対象に実施した “結婚生活の満足度” 調査でも、興味深い結果が出ている。SNSを使用しない人は、SNS使用頻度が高いユーザーよりも結婚の満足度が11.4パーセント高く、SNSユーザーはそうでない人に比べて、32パーセントも離婚を検討している人が多かったのである。

・心の支えや癒しを SNS上に求める

なかには Facebookで、自分の夫が他の女性と重婚していた事実を知った女性もいるという。全般的にSNSユーザーが浮気しやすい傾向にあるのは、夫婦間で問題があると、心の支えや癒しをSNS上に求めるからではないかと分析されている。

ちなみに筆者の周りでも Facebook絡みの友情や恋愛のもつれはしょっちゅうである。トラブルや嫉妬を避けるために、故意にSNS上で友達になっていない友人夫婦もいるが、賢い選択と言えるかもしれない。

参照元:Mail Online(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.