tetris

今年で誕生30周年を迎える、世界を代表するパズルゲーム『テトリス』。そんなテトリスを、誰もが想像しなかったであろう場所でプレイした男の動画が話題を集めている。その場所とは……なんと、Tシャツの上! TシャツにLEDと基板を仕込み、自分の服をゲーム機にしてしまった男がいるのだ!! 

動画「Playable tetris T Shirt」では、実際にその服を着てテトリスをプレイしている男の姿を見ることができる。驚くことにゲームの再現度が高いだけでなく、見た目もなかなかオシャレなのだ! こんな服をデザインした男の発想力は、まさに脱帽ものである。

・「かぼちゃでテトリス」からインスパイア

Tシャツを作った男は、ルクセンブルク出身のゲームが大好きなマーク・クーガーさん。彼は「かぼちゃでテトリスをプレイする動画」からインスパイアを受け、テトリスの30周年を祝うためにTシャツを作り始めたと言う。

・ボタンも3Dプリンターで自作

制作には、128個のLEDと「Andruino Uno」という基板が使用され、ゲームを操作するためのボタンも自作で3Dプリンターを使って作られている。気になる電源だが、たった4本の単三電池でプレイできてしまうらしいのだ!

・操作はしづらそう

動画では、男は常にカメラか鏡に映った自分を見ながらプレイをしている。正直なところ、ちょっと操作はしづらそうである。しかし、考えてみれば服を着た状態の目線でプレイするのは、かなり難易度の高いことであり、しょうがないことなのかもしれない。

実用性は別として、もしこんなTシャツを着ていたらクラスや職場の人気者になれること間違い無し。商品化を切実に希望する!

参照元: YouTubeMashable (英語)
執筆: ユーニーマン

▼ゲームオーバーになるとレベルや点数も表示されるぞ!!