soccer

ついに開幕したブラジルW杯。連日行われている試合に世界中が注目を集める中、ある場所から届いた応援メッセージ動画が注目を集めている。その場所とは、な……なんと、国際宇宙ステーション!!

NASAが製作したその動画には、各国の選手への激励の言葉だけでなく、無重力状態の宇宙ステーション内でサッカーをしているクルーの姿も映っている。はたして無重力空間でサッカーをプレイすると、どんな感じになるのだろうか?

・開幕を祝うコメント

動画に登場するのは、米国出身のワイズマンさん、スワンソンさん、そして、ドイツ出身のガースト飛行士の3人。「全チーム、そしてファンの皆で最高のワールドカップを楽しんで欲しい!!」というコメントと共に、1人の飛行士が早速プカプカと無重力状態で浮いているサッカーボールにオーバーヘッドキックを決めるのだ!! 

・無重力を利用したシュート

そして映像は飛行士たちが船内でサッカーをしている場面に切り替わる。国境の壁を越えてサッカーを宇宙で楽しむ飛行士たちは、とにかく楽しそうである! 無重力を利用し、普通では考えられないような体制でボールを蹴ろうとするが、フワっと動いているボールにタイミングを合わすのは、なかなか難しいようだ。

・スーパープレーを再現

最後は「米国の飛行士がシュートするところを、ドイツの飛行士がファインセーブをする場面」で締めくくられるのだが、それはまるで実際のスーパープレーをスローモーションで見ているよう! いかに飛行士たちが遊び心にあふれているかが伝わってくる。宇宙楽しそう!!

くしくも米国とドイツは同組であり、2014年6月26日に直接対決を控えている。その時、宇宙ステーション内ではどういった応援が繰り広げられるのか……気になるところである。

参照元: YouTube Mashable (英語)
執筆: ユーニーマン

▼きっと誰もが1度はしてみたいオーバーヘッドキックを連発する宇宙飛行士たち