140418toddler

小さな子供は、目を離すと何をするか分からない。気がつけば、思いもよらない場所にいて、ヒヤリとさせられることもある。そんなよく起こりがちなトラブルの中でも、全くもって想像外の場所で子供が発見された事案が、今話題になっている。

なんと、その子供はクレーンゲーム機の「中」にいたのだ。つまり、景品などが入っている、あの空間で遊んでいたのである。それにしても、どうやって入ったのだ?

事件が起きたのは、アメリカ・ネブラスカ州。いなくなったのは、3歳の男の子だ。その子の母親が浴室から出てくると、家にいるはずの息子が見つからなかったらしい。結局母親は、警察に連絡をした。

その時、問題の自宅に近いボーリング場では……数人の客がクレーンゲーム機の中にいる幼児を発見! どうやら、男の子は景品の人形で遊んでいたようだ。従業員はすぐに業者に連絡。機械の中を開けてもらい、幼児を救い出した。同時に警察にも通報して、その子は無事に保護されたのだ。

・どうやって中に入った?

それにしても気になるのは、「どうやって景品がある空間の中に入ったのか?」という点だ。詳細は不明だが、怪しいのではと思われるのが、景品が落ちてくる穴。

というのも以前に、子供がその穴からゲーム機の中に入ろうとするケースがあったらしい。あくまでも推測だが、今回もその穴から入ったのだろうか? 

どちらにせよ、子供に怪我などがなくて何より。なお男の子は、クレーンゲーム機の中にあった人形を1つプレゼントされたそうである。

参照元:Twitter @KETVHuffingtonPostKETV(英語)
執筆:和才雄一郎

▼その時の画像