PIC1

何気なく毎日生きていると、自分がどれだけ恵まれているか忘れてしまいがちだ。そんなあなたの心がパンチを食らうこと間違いなしの「見たら絶対忘れられない90秒のビデオ」が大きな話題となっている。一言も言葉が発せられることはないが、心にズシンと来ること間違いなしだ。このビデオは動画「Most shocking second a day video」で確認可能だ。

・もしイギリスで内戦が起きたら……

話題となっている90秒のビデオを制作したのは、イギリスの非営利慈善団体「Save the Children UK」だ。2011年に勃発し、現在も続いている政府軍と反体制派によるシリアの内戦で、1万人以上の子供たちが死亡し難民は250万人に達している。「もしシリアと同じような内戦がイギリスで勃発したら?」という設定で、ひとりの少女の日常のひとコマを切り取る形でビデオは描かれている。

・幸せな少女のありふれた日常

まずビデオは、ある少女の8歳の誕生日から始まる。8本のロウソクを立てた豪華なケーキを前に家族全員にお誕生日ソングを歌ってもらい、彼女の顔は幸せそのものだ。お菓子を頬張ったり、ママの口紅をこっそり試したり公園で友達と遊んだりと、8歳の少女のありふれた日常の一瞬一瞬が映し出される。

・内戦が勃発して生活が一転

しかしイギリス国内で内戦が勃発。新聞には「政府が戒厳令を発令」という見出しが躍り、テレビのニュースでは緊迫した情勢が報道されるようになる。そしてついに彼女が住む町にも戦火が広がり、爆撃機が上空を飛び交い食料の入手も困難になっていくのだ。

・そして1年後の9歳の誕生日

父親は政府軍に捕らえられ、命からがら母親と難民キャンプに逃れた少女は9歳の誕生日を迎える。短いロウソク1本を立てたパンを前に、母に「願いごとをして」と言われた彼女は、ただ涙を流すばかりである。

・自分の身にも起こりうる事

YouTubeで公開されて以来、再生回数が2500万回を超えた同ビデオは、「自分の国で起きていないからといって、何も起きていない訳ではない」というメッセージで締めくくられている。同団体はこのビデオを通して「シリアという遠い国で起きていることではなく、自分の身に起きていることだと考えてほしい」と訴えかけている。

自分がどれだけ恵まれているか自覚して、普段当たり前に思っていることに感謝の気持ちを忘れてはならないだろう。シリアの情勢が少しでも早く改善され、国民が元の生活を取り戻せることを願うばかりだ。

参照元:YouTubeMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼「Most shocking second a day video」の動画はこちら

▼ママの口紅をこっそり拝借
PIC2

▼内戦が勃発し少女の町にも爆撃が!
PIC3

▼涙が止まらない少女
PIC4

▼そして悲しい9歳の誕生日……
PIC5

▼「自分の国で起きていないからといって、何も起きていない訳ではない」というメッセージ
PIC6