reneradka_top

1月も終わりに近づいてきましたが、「何だか体がだるいよ~」という方、いませんか? 例年より比較的長かった今年のお正月休み。長いお休みの後の出勤って、心身共に疲れますよね。

「次のお正月まであと1年もあるのかぁ……」とつぶやき、「当たり前よね、フフ」と健気に微笑むあなた。だいぶお辛そうですね。そんなあなたにご紹介したいのは、ドイツとチェコ出身の写真家デュオ、Rene & Radkaの作品、『風の色』。

この作品を見れば、ふわ~っと肩の力が抜けて、癒されちゃうこと請け合いです!

人気のない浜辺と、その上に果てしなく広がる空。たなびく雲が日の光を遮っているせいか、真夏のように明るいのに、温度を感じさせません。空中には、クラゲや魚をかたどった凧が、「空は海の続きなんだよ」とでも言いたげに、フワフワと泳いでいます。現実感のないこの感じは……そう、まるで夢の中! 

海の生物に混じって、テディベアの凧が浮かんでいる風景も、いつかみたことがあるような、懐かしい夢を思い出させてくれます。「あれ? わたし、砂浜にお人形を置き忘れて来たかな……」って。

写真の中にひとつだけ、子どもの影が見えるのですが、それとの対比から、凧がいかに大きいかわかります。「こんなにおっきくて、しかも立体型の凧なんて、ホントにあるの!?」と思ってしまいますが、実際に販売されているものなんですって! そして、夢の世界のような風景も、実在するビーチを撮影したもの。この作品、合成したのではないというから驚きですね!

作者のルネとラドカは、名だたるファッション雑誌やブランドの広告制作で、パリを拠点に活躍中。今回ご紹介したアート作品も含めて、ふたりの作品に一貫しているのは、白昼夢をみているような錯覚をおこさせるところ。中には怖い夢を思わせるものもありますが、『風の色』はヒーリング効果抜群!

この作品が助けとなり、みなさんの1日がハッピーなものになりますように!

寄稿:Pouch
参照元:Rene & Radka (英文)

▼手足の動きから意志を感じるタコ
reneradka_01

▼仲良くお出かけするタコ三兄弟
reneradka_02

▼こちらもそろってお出かけ、クラゲ三姉妹
reneradka_03

▼マイペースな金魚ちゃん
reneradka_04

▼重たそうなフグさん、地面すれすれを泳いでいるのが微笑ましいです。
reneradka_05

▼ちょっと不気味なクラゲ。触らない方がよさそう!
reneradka_06

▼人影とくらべてみてください。おおっきい!!
reneradka_07

▼謎の生物。なんじゃこれ!?
reneradka_08

▼これは……カメ? つついたら、足や手が出てくるのかなあ?
reneradka_09

▼カメの親玉!?
reneradka_10

▼天使!? 幽霊!? いえ、空を泳ぐ人魚かもしれません。
reneradka_11

▼やっぱり不思議! なぜこれが空を飛べちゃうのか……
reneradka_12