huvr

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』に登場した「ホバーボード」に憧れた人も多いと思う。浮遊して走るその姿を見て、一度は乗ってみたい! と思ったはずだ。

そんなホバーボードが「完成したのでは!?」と、海外のネット界で話題になっている。有名人が体験している動画が YouTube に公開されているのだが……これは本当? 海外ネットユーザーからは「本物であると信じたい……」というコメントが続出しているのだが、あなたはどう思う?

・いきなりクリストファー・ロイド登場

この映像は「HUVrTech」という組織が公開したものだ。映像の冒頭、映画でおなじみのデロリアンが登場し、さらにドクを演じたクリストファー・ロイドが登場し、ホバーボード「HUVr」(ホヴァー)を、プロスケートボーダーのトニー・ホークに手渡す。そして、ミュージシャンのモービーやアメリカンフットボール選手テレル・オーウェンスらが実際に浮遊走行を体感するのだ!

出演した面々は皆、ホヴァーを絶賛しているのだが、どうも現実的なものに見えてこない。まず、動力が不明だし、あまりにも軽量(片手で持っている)で、とてもバッテリーが搭載されているように見えないのである。

・バイラル映像?

これは本当に実在するものなのだろうか? それとも、よくある CG を駆使したバイラル動画なのだろうか? 素直に信じたいのだが、あまりにも出来過ぎているために、信じ切ることができそうにない……。ちなみに、海外ネットユーザーの反応は以下のとおり。

「ホバーボード、ついに完成だ!」
「これマーティがやったみたいに水の上を走れるの?」
「ハーネスつけてワイヤーでつり上げられているだろ」
「俺は信じる」
「ニセモノだろ」
「本当だと信じるのは難しいぞ」
「何だよコレは」
「見事なニセモノだよ、まったく」
「2分12秒、オーウェンスの肩のところを見ろ」

・ワイヤーでつり上げられているのか

上記コメントを見て分かるように、残念ながら「ニセモノではないか?」との声が多い。一部のユーザーが指摘するように、テレル・オーウェンスが試走する際に、ワイヤーでつり上げられているように見えるのは気のせいではない。また、これが本当であるなら、わざわざ YouTube で発表する必要もないだろうと思ってしまう。

・謎のカウンター

ちなみに公式サイトを見ると、ページ上部にデロリアンのタイマーを思わせるカウンターがついている。現在の時刻(2014年3月)と、到着時刻(2014年12月)が表示されているが、これは何を意味しているのだろうか。彼らが何を目的としているのかは不明だが、もしも本当だったら大発明だ。あなたはホバーボードの完成を信じる? 信じない?

参照元: YouTubeHUVr(英語)