facebookbirthday140214_01

小学生の頃、自宅に友達を呼んで「お誕生日会(誕生日パーティー)」をしたことがある人は多いだろう。プラモデルやミニ四駆などを持ち寄って集まる子供の誕生日パーティーは、呼ぶ方も呼ばれる方も楽しいもの。

そんな誕生日パーティーで、頭を悩ませている1人の少年がいた。彼は、自分の誕生日パーティーに呼ぶ友達がいなかったのだ。

・学校でいつも1人の理由

アメリカ・ミシガン州に住むコリン君にとって、ランチタイムは孤独の時間。というのも、彼は学校に友達がおらず、いつも1人でお昼を食べていたからだ。

実は、彼はある障害を抱えていた。それは、アスペルガー症候群。アスペルガー症候群とは、対人コミュニケーションが特異的で「知的障害がない自閉症」とも言われる発達障害。そのため、彼は学校の友達と上手く関係が築けなかったらしい。

・近づいてくる誕生日

そんな彼は、今年の3月9日で11歳になる。そこで母親が「誕生日パーティーをやりたい?」と聞いた。すると、コリン君は「ママ、僕は誰を招待すればいいの? 僕には友達がいないんだよ」と言ったのだ。

このように答えなければいけなかったコリン君は辛かっただろうが、聞いた母親もショックだったに違いない。

・オカンが息子のために世界中からお祝いメッセージを集める

しかし、ここで諦めるオカンではなかった!! 彼女は、息子の誕生日を祝うためにFacebook ページを開設。自分の息子が、対人コミュニケーションを苦手としていることや、1人でランチを食べていることを洗いざらいぶちまけ、Facebook ユーザーに息子を勇気づける言葉を送ってくれるよう呼びかけたのだ。

・「いいね!」が180万オーバー

すると、多くのFacebook ユーザーが、この呼びかけに立ち上がった。世界中のユーザーが「いいね!」ボタンを押しまくり、そのFacebook ページはあっという間に180万以上の「いいね!」を獲得。

しかも、ページ内では「誕生日おめでとう、コリン」「成長すれば、友達なんてすぐに出来るよ」「僕も11歳なんだけど、今度一緒にランチを食べよう」などの温かいメッセージであふれることに!

・世界中からバースデーカードが届く

それだけではない。ページを見たユーザーが、コリン君のためにバースデーカードを送付。現在、コリン君の母親の元に、多くのバースデーカードやお祝いメッセージが届けられているという。

結局、「誕生日パーティーに呼ぶ友達がいない」と言っていたコリン君は、世界中の人から誕生日を祝ってもらうことになったのだ。

参照元:FacebookHuffingtonPostMashable(英語)
執筆:和才雄一郎

▼急速に「いいね!」を獲得中のFacebookページ
facebookbirthday140214_01

▼世界中から届けられたバースデーカードなどに笑顔を見せるコリン君の母親
facebookbirthday140214_02