concert

ロックやメタルなどの激しい音楽のライブで、ステージからファンがダイブする場面を良く目にする。危険なので絶対にやめた方が良い。他の観客にケガを負わせる可能性があるだけでなく、自分の身にも危険が及ぶことがあるからだ。

最近スイスで行われたへヴィメタルのコンサートで、まさしくダイブによる悲劇が起こった。観客男性がステージからダイブ、ところが気の毒なことに誰も彼を受け止めなかったのである。これは笑い話ではない。なぜなら彼は二日後に亡くなってしまったのだ。

・海外バンドが参加したロックイベント

事故が起きたのは、スイスのゾロトゥルンでのロックイベント『Persistence Tour』。このイベントは、ハードコアバンドの「Suicidal Tendencies」や「TERROR」、「EVERGREEN TERRACE」などが出演した大々的なものだった。

・ダイブをしたが受け止めてもらえず……

ライブの最中に、地元の28歳男性がステージに上がり、そのまま客席に向けてダイブ。激しいパフォーマンスの繰り広げられるステージでは、よく見かける光景なのだが、彼は運悪く誰にも受け止めてもらえず、地面に倒れたという。

・2日後に発作

当初は何も異常がないように思われた。だが、警備員は念のために救急室に彼を連れていったそうだ。彼はそのとき、家に帰りたいと主張していたと、地元紙に報じられている。その二日後のこと、発作を起こしてベルン大学病院で息を引き取ったそうだ。

・不慮の事故は世界で起きている

ライブ中の不慮の事故で、人が亡くなったケースは世界中に存在する。アメリカのバンド「Lamb of God」が2010年にチェコでコンサートを行ったとき、当時19歳の少年がステージに上がってきた。ボーカルのランディ・ブライズは少年を客席に押し返し、その弾みで少年はケガを負った。1カ月後にそのケガが元で少年は亡くなっている(ランディは傷害致死で逮捕されたが、のちに無実が決定)。

・危険行為は止めよう

演奏に興奮する気持ちはよくわかる。だが、会場で禁止されている行為や、他の観客に迷惑をかける行為は止めるべきではないだろうか。一時の興奮で、取り返しのつかないことになる可能性があることも覚えておこう。

参照元: BLABBERMOUTH.NET(英語)
Photo: Rocketnews24