412412124412

2013年もあっという間に過ぎ去り、めでたく新年を迎えました。そんなお正月から「ド派手」なニュースで世界的に注目を浴びている国がある。なんとカウントダウンから新年にかけて「世界最大の花火」をぶちあげてギネス記録を更新してしまったのだ。

・50万発

ギネス記録を更新したのはアラブ首長国連邦の首長国のひとつであるドバイ。なんとたった6分間という短い時間の間に約50万発の花火が打ち上げられたのだ。ちなみに隅田川の花火大会は約2万2500発なのでその派手さは約25倍。

・予算約6億円

花火は100台のコンピューターで制御され、準備に10ヶ月、そしてなんと600万ドル(約6億円)というお金が注ぎこまれている。国を挙げての一大イベントだったのだ。

・「世界一」を増やし続けるドバイ

今回「世界最大の花火」としてギネス記録を更新したが、他にも世界一高い超高層ビルである160階建ての『ブルジュ・ハリーファ』(全高828.0m)、世界最大の人工島『パーム・ジュメイラ』、気温50でも滑れる世界最大の屋内スキー場等が存在する、最先端未来都市なのだ。

・YouTubeで見れます

なんとこのカウントダウンイベントの様子がすべてYouTubeに公式であがっている。カウントダウンが始まるのは動画の29分40秒頃から。『ブルジュ・ハリーファ』のビルから出る数字の花火もすごいが、その後の花火の乱舞はフルCGのゲームの世界。街の至る所からあげられる花火は。今まで見た事ある花火の中で間違いなくナンバー1。派手すぎて笑ってしまう。圧巻だ。

参照元1: Mashable
参照元2: YouTube
Report: ユーニーマン(鮒蒸B).