iphone5s2

新年を迎えて、今年もやっぱり気になるのがアップルの動向だ。毎年開発者イベントの「WWDC」で新作が発表され、その10日前後で販売が開始される。

・新しいモデルのiPhoneを5月に発表!?

開発者イベントの日程も不明なのだが、早くも次世代iPhoneに関する噂が、海外IT系サイトで話題になっている。それによると第6世代のiPhoneは9月、それとはまったく異なるサイズのiPhoneが5月に発表されるというのだ。すでに2モデル(sとc)存在するのだが、さらに新しいモデルのiPhoneが登場するのか!?

・次世代は「iPhone Air」か?

2013年のうちからすでに、第6世代iPhoneの名称についての噂がささやかれている。一説によると、「iPhone6」ではなく「iPhone Air」と命名される可能性が強まっている。最近になって、名称だけではなく、端末の厚みと重量についての情報が取りざたされているのだ。

ITサイト「Cross Map」では、厚みは「iPhone5s」よりも薄くなり、6ミリになるという。しかし重量は、若干重くなるのではないかとされている。端末の仕様は「5s」とほとんど変わらないと見られている。

・4.7インチと5インチをテスト中?

次に気になるのが、端末のディスプレイサイズだ。現在、4.7インチと5インチのふたつのディスプレイサイズでテストが行われているという。これが本当なら、「厚みは薄くなっても重量は重くなる」という噂と、状況的に合致することになるだろう。

・大きなiPhoneの登場か?

さらにもう一つ重要なのが、第6世代iPhoneとは別の端末についてだ。中国の「琉球網科技」は、これまでのiPhoneよりも大きいディスプレイサイズのiPhoneが5月に発表されると、消息筋の情報として伝えているのである。

・どれを選んだら良いかわからない

あくまでも噂ではあるが、総合して言えることは、従来の端末よりも大きなディスプレイサイズのモデルが登場することになりそうだ。iPhone・iPadともにラインナップが増えて、どれを選ぶか頭を悩ませている人も多いと思う。ここへ来て、さらにサイズの異なるモデルが登場すると、どうして良いのかわからなくなるに違いない。とにかく発表があるまで、静かに見ていた方が良いかもしれない。

参照元: Cross Map(英語)、琉球網科技(中国語)
Photo: Rocketnews24
執筆: 佐藤英典