fireant

自然の作り出すものは、人間の想像もつかないほど豊かな表情を持っている。色・形・大きさ、どれをとっても二つと同じものはなく、それぞれが個性的な存在だ。アリの巣は、自然の造形のなかでも、屈指のユニークさを持っているかもしれない。

海外のあるネットユーザーは、アリの巣に溶かしたアルミニウムを流し込み、それをネットオークションで販売している。最近公開された製造過程の動画を見ると、アリの巣の真の姿に驚かされる。まるで土のなかに、小さな宇宙が詰まっているように見えるのだ。

・40個以上のアリの巣を型取り

アルミで型取りをしたアリの巣を販売しているのは、「Anthill Art」というサイトである。最新の作品ナンバーは43。したがって、これまでに40個以上のアリの巣にアルミを流し、型を取ったものと思われる。

・アリの巣の全貌

作業はそれほど複雑ではない。ドロドロに溶かしたアルミを巣穴に流し込み、冷え固まったところで土から出す。それに洗浄機で水を吹きかけて、土を取り除くのである。すると、いくつにも枝葉の分かれた巣の全貌が姿を表すのだ。

・オークションで2万5000円

複雑に入り組んだ構造は、人の手で作り上げることは難しいだろう。その巣に生きたたくさんのアリたちが、コツコツと時間をかけて、生きるために掘り進めたトンネルである。数えきれないほどの部屋があり、それがひとつの入り口につながっているとは思えない。だが、本当にひとつの入り口につながっているから不思議だ。

ちなみにオークションサイトに出品されたこの巣は、250ドル(約2万5000円)で落札されたようだ。芸術性が高く感じられるので、もう少し高値がついても良さそうなものだが。とにかく、自然の作り出すものには、驚かされるばかりである。

参照元:YouTubeebay