hunter

幼少の頃に、女の子にいたずらをした経験のある人もいるだろう。実はその子のことが好きなんだけど、どう接して良いかわからずに意地悪をしたり、イタズラのつもりでほっぺにチュッなんてこともしたかもしれない。めちゃくちゃ拒まれて、心を痛めた経験もあるかも。

10歳にも満たないうちのこれらの出来事は、良くも悪くも深く心に刻まれるものだ。そんな感じやすい時期の子どもに対して、アメリカの小学校で驚くべき処分が下された。6歳の男の子がクラスの女の子の頬にキスしたところ、停学処分になったのである。学校の対応が適切なものであったか、物議をかもしているのだ。

・クラスの子の頬にチュー

これは米コロラド州カノンシティで起きた出来事だ。ハンター・イェルトンくん(6歳)は、授業中にクラスの女の子の頬にキスをしたのである。女の子は拒まなかったそうだ。彼の母親によれば、彼らはお互いに好意を持っているという。しかし教師は彼を職員室に連れて行き、注意したそうである。

・母親は激怒して猛反発

実はこれが初めてのことではなく、彼は以前にも同じ子にキスをして停学になっていた。学校側は彼の行動が「セクハラ」に当るとして、彼の行動を改めさせたいと考えているそうだ。彼の教育記録に「セクハラ」という言葉が残ることに、母親は猛反発。「セクハラ」として対処されることは間違っていると主張し、学校と争う考えだ。

・「セクハラ」を理解できる歳か?

児童心理学の専門家は、「セクハラ」がどういうことなのか、6歳の子に理解することはできないとしたうえで、成長と共に学ぶべきことではないかと話している。気の毒なのは、ハンターくん自身だ。彼は「悪いことをしてしまったと思う」と反省しているという。

おそらく彼は、その彼女のことが大好きでたまらないのではないだろうか。言葉では説明できないような、少年が抱える純粋な恋心を、「セクハラ」と断じて行動を抑制するのは、少し残酷のような気もするのだが……。あなたは学校の対応をどのように思われるのだろうか?

参照元:FOX NEWS(英語)