nyctaxical1

今年も残す1カ月を切った。すでに来年のカレンダーの準備はできているだろうか。沖縄の消防隊は、鍛え上げた肉体美を余すところなく堪能できるカレンダーを販売している。実はオーストラリアの消防隊も同じように、マッスルカレンダーの販売を行っているようだ。

・何がしたいんだ!

ふたつのカレンダーに共通しているのは、マッチョ! カレンダーにするだけの身体こそが売りなのだが……。どういう訳か、米ニューヨークのタクシードライバーも、このカレンダー市場に参入してきている。ところが彼らはマッチョではない。むしろ隠しておくべき身体のはずなのに、なぜか半裸で珍妙(?)なポーズ。何がしたいんだ、コラ!

・貧民救済事業の一環

実はこれ、学生による貧民救済事業で制作されたものだ。ニューヨークでは、満足な住居を確保することができず、満足な教育を受けることができない移民家族も数多く存在するという。そこで、この事業の一環で、今年はタクシードライバーのカレンダーが作られた。

・色気はゼロ!

当然ながら、美女を使ったカレンダーとは明らかに違う。またマッチョな消防士とも、全然違う。ドライバーたちは、「セクシー」という言葉からは縁遠い存在だ。上半身裸になって、多少官能的なポーズをとっているものの、1ミリも色気が漂っていないのである。

・人気で売り切れ

だが、カレンダーは話題になり、ネット販売分は売り切れになってしまった。市内の小売店で多少在庫があるようなのだが、完売する見込みである。意外にも大人気のようだ。ちなみに収益は全額寄付されるとのことである。日本のタクシー会社も来年は、こんなちょっと面白いカレンダーを作れば話題になるかもしれない。どこかの会社がやらないかな~。

参照元:nyctaxicalender.com(英語)

nyctaxical3
nyctaxical4
nyctaxical5
nyctaxical6
nyctaxical2