2013-11-01_213651
美味しいコーヒーを落ち着いた空間で楽しめるスターバックスコーヒー(スタバ)。世界規模で展開する同チェーンがタイの屋台を訴えて大変な注目を浴びている。

大企業がわざわざ屋台を訴えるなんて何事!? その理由は、屋台のロゴがスタバに酷似しており、商標権の侵害をしているというのである。訴えられた屋台の名前はバンコクにあるスターバンコーヒー、略してスタバンである。

・スタバとスタバンのロゴ

スターバックスによると、以前使われていたスタバのロゴと、スタバンのロゴが似ているという。まずは、スタバとスタバンのロゴを見比べてみよう。

両者とも緑を基調とした円のなかに黒い円が入っている。外側の緑色にはそれぞれ店の名前と星マークが描かれ、内側の黒い部分には、スタバは人魚が、スタバンは男性が描かれている。

・スタバ「ロゴが激似なので利用者が混同してしまう」

スタバンのロゴに対して、スタバは2つのロゴは酷似しており、利用者が混同してしまう、と主張している。スタバンはスタバの商標権を侵害しているとし、ロゴの使用の停止を求めた。

しかし、スタバン側がこれに応じなかったため、今回、ロゴの使用禁止と賠償金30万バーツ(約95万円)、さらに金利7.5%、そして裁判が終わるまで月々3万バーツ(約9万5000円)の支払いを求める訴えを起こした。

・スタバン「ロゴは完全オリジナル」

一方、スタバンの店主であるダムロンさん(43)は、スタバンのロゴは完全オリジナルであると主張。彼は15年前からコーヒー屋台を営んでおり、このロゴは彼の友人に作ってもらったものだという。

・スタバンのロゴはイスラム教からインスピレーション

さらに、ダムロンさんによると、ロゴはイスラム教からインスピレーションを得たものであるらしい。「私のロゴはハラール(イスラム教で禁止されていないもの)で、星と月がある。グリーンはイスラムのカラーだ」と話しているという。

・コーヒーはスタバより美味しいと評判

なお、スタバンで売られているコーヒーはダムロンさんのオリジナルレシピであるそうだ。「スタバより美味しい」とほめる客も多いという。スタバと全面的に争うかまえのダムロンさん。彼は「最後まで戦いぬく」と意気込んでいるが……司法がどのような判断をするのか注目したい。

参照元:Business InsiderSouth China Morning Post(英語)

▼左が「スタバ」、右がタイの「スタバン」のロゴだ
2013-11-01_213651