BXhKo9jCcAE2QgT

審判に対する侮辱行為は退場の対象であり、判定に不満をあらわにした監督などが退場を命じられることは少なくない。そんな中、なんとマスコットが退場処分になる珍事が起きたと話題になっているぞ!

以前、そのマスコットはピッチに乱入した全裸男にタックルをお見舞いして、捕まえたことでヒーローになったが、今回は別の意味で目立ってしまった。悲劇でもある退場の詳細は次の通りだ。

・イングランドでの試合

2013年10月26日にイングランドで行われたチャンピオンシップ(2部)のバーンリーFC vs クイーンズ・パーク・レンジャーズFCの試合で、マスコットが退場処分となる事件は起きた。

バーンリーのマスコットであるバーティー・ビー(Bertie Bee)はその名の通り「ハチ」だ。いつもは温厚なのだが、この試合では審判の判定に対して反発し、思わず “抗議” という針を向けてしまった。

・侮辱行為の詳細

この試合の前半15分、バーティー・ビーは線審のジャッジを不服として「よく見ろ、眼鏡をかけろ」というジェスチャーで抗議。これに対して、主審は侮辱行為と見なし、マスコットに一発退場を命じた。

・不幸中の幸い

退場させられた彼はロッカールームへ移動。自分のしたことを後悔している様子が撮影されているぞ。2-0でバーンリーが勝利し、首位をキープする結果となり、試合に水を差すことにならなかったのは、彼にとって幸いだったか。

・バーティー・ビーに対するネットユーザーの反応

「笑えるw」
「マスコットも退場になるんだ。」
「中の人すごいなw」
「シュールすぎワロタwwwww」
「マスコットが退場とか審判もおもろいことすんなw」
「イギリスのドアラ的なやつだなwwww」

などなど、マスコットの退場に驚いたといったものや、そのシチュエーションが笑えるといったコメントが多く見られたぞ。確かにマスコットの退場劇はそうそう見られるものではない。

気になる退場処分後だが、バーティー・ビーは Twitter で「火曜日には自由なるぜ!」とつぶやいていることから、出場停止にはならないと思われる。30日に行われるウェストハム・ユナイテッドFCとの試合では元気な姿が見られそうだ。

参照元:MailOnlineBurnley Express、(英語)、Twitter @BTSP@BertieBee
執筆:原田たかし

▼抗議後、退場を促されるバーティー・ビー
3332705686

▼退場処分でロッカールームに追いやられてしまう

BXhKo9jCcAE2QgT
▼Twitter からは元気な様子がうかがえる
beetweet
▼全裸男をタックルで仕留めた勇姿(モザイクがあるので安心して見て欲しい)