extreme

ゴルフ好きの人にとって「ゴルフ」は、何事にも優先されるほどの趣味・娯楽である。朝早くても苦ではなく、むしろ寝る間を惜しんででもコースに行きたい、そんな気持ちにさせるものだ。

そんなゴルファーでもちょっとビックリするようなホールが、南アフリカに存在した。「エクストリーム19番」といわれるそのホールは、崖のうえにティー(第一打目を打つ場所)がある。だが、そこへは徒歩でいけないのだとか。はっきり言って、スポーツを楽しむってレベルじゃない! ハードすぎて笑った。

・19番目のホール

このビックリホールがあるのは、南アフリカ共和国のドールンドラーイダム自然保護区に隣接する「レジェンド ゴルフ & サファリ リゾート」だ。ここの18のホールとは別に19番目のとんでもないホールがある。

・ヘリで移動しティーショット

19番ホールは崖の上からティーショットを打つ。グリーンはゴルファーの前方にはない。426メートルの崖下にある。第一打目を打つためには、ティーまでヘリコプターでいかなければならない。もうこれはゴルフの領域を逸脱している。ちょっとした冒険といっても過言ではないだろう。

・ホールインワンなら100万ドル

ちなみにこのホールはパー「3」、つまり3打でカップに沈めなければならないのだが、なかなかグリーンに乗せることさえ難しいだろう。それでも過去に2打でカップインした人も何人かいるようだ。もしここでホールインワンを出すと、100万ドル(約9700万円)進呈されるそうだ。

まあ、いくらゴルフが好きでもここまで行ってコースに出よう! という日本人は少ないのではないだろうか。なお、ゴルフクラブの公式サイトを見ると、日本人でチャレンジした人は1人もいない。もしホールインワンを出せば、飛行機代のもとは十分とれるのだが……。

参照元:NeatoramaLegend Golf & Safari Resort(英語)