sorakirei1

台風26号の到来により、学校が休みになったことを喜んだ学生も多いはず。来週には、台風27号が再び日本に来るのではないかと予測されている。「よっし! また休みになる!!」とひそかに期待する学生の皆さんに言いたい。本当にそんな休みでいいのか? 外にも出かけられないような天候で、休みを迎えちゃっていいのか?

・天気がいいから休み!

「休めるからなんだっていいだろ!」という声が聞こえてきそうなのだが、アメリカのとある学校の話を伝えたら、絶対に「うらやましい!」と思うはずだ。なぜなら、その学校の校長は、最高に天気がいい日を休みにしてしまったのだから。どうだ? うらやましいだろ?

・30年前の出来事

米ジョージア州、カルヴァリ・クリスチャン・スクールのレン ・マクウィリアムス校長は1980年頃から、いつかは果たしたいと思うことがあった。その当時の冬のある日のことだ。猛烈な悪天候に見舞われて、休校にしたことがあったそうだ。

・「晴天で休み」でもいいじゃないか

「悪天候で休み」があるのなら、「晴天で休み」という日があってもいいではないか。そう思い、いつか「最高に天気がいい日だから、学校休み!」をやってみたかったそうだ。その願いが叶わないまま、2014年に退職を迎えることとなった。

・絶好のタイミング、キターッ!

このまま学校を去るわけにはいかない。そう思ったレン校長は、ついに学校を休みにするのにベストな理由を見つけた。2013年10月11日の天気予報が、好天であると知ると休みにすることを決めたのである。そしてその予報通りに素晴らしい天候の一日となったのだ。

・不満をいうつまらんヤツはいなかった

本当に休みにして、父兄から苦情は来なかったのだろうか? 学校関係者の話では、「休みについて不満をいうようなつまらない人は1人もいませんでした」と話しているという。校長の粋な計らいを、誰もが満喫したようである。

それにしても素晴らしい校長ではないだろうか。きっと優れた教育者だったに違いない。正直うらやましいとしか言いようがない!

参照元:Ledger Enquier(英語)
Photo:Rocketnews24