otonajyoshi
汗をかくのは、運動後や暑いときだけじゃない。「運動」「暑さ」のほかに、汗をかく大きな要因になるのが「ストレス」だ。プレッシャーや恐怖から、冷汗をかいた経験は、誰しもあることだろう。

このストレスからかく「ストレス汗」がなかなかの曲者のようだ。ある研究で「ストレス汗」をかく女性は、周囲に「能力が無い」、「信頼できない」という印象を与えるという結果が報告されたのだ。

・汗が出る要因によって、使われる汗腺が異なる

「ストレス汗」とそうではない汗の違いはどこにあるのだろうか。汗の要因には、「運動」、「暑さ」、「ストレス」の3つがあるが、要因によって汗が分泌される汗腺が異なるそうだ。

汗を分泌する汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺と呼ばれる2種類の汗腺があり、運動と暑さから出る汗は、エクリン汗腺から分泌される。一方、ストレスが原因でかく汗は、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の両者から分泌される。そして、ストレスが原因で出る汗は、皮膚表面の細菌と混ざるため、不快な匂いを生むという。

・「ストレス汗」の匂いは、人にどのような印象を与えるか?

今回『PLOSone』という学術誌に掲載された研究では、汗の匂いが他人にどのような印象を与えるかを調査した。研究チームは、44名の女性の被験者を対象に、スピーチの準備、計算、大勢の人前でスピーチするという3つの課題を、それぞれ5分間実施する「ストレステスト」を行った。また、一部の女性には、制汗剤を使用してもらい、汗の匂いを抑えた。

・「ストレス汗」の匂いは「能力が無い」という印象を他人に与える、という結果に

その後、女性がオフィスワークや家の掃除、育児といった日常の仕事をこなす様子を映したビデオを、120名の男性と女性に見せた。彼らは、44名の被験者から採取した「ストレス汗」と「制汗剤を使用したときの汗」の各匂いを嗅ぎながら、ビデオに登場する女性の人物を評価するよう指示された。

すると「ストレス汗」の匂いを嗅いだときには、女性をより「自信が無い」、「信頼できない」、「能力が無い」と評価するという結果に。汗の匂いが人物評価に大きな影響を与えたのだ。

「ストレス汗」をかくと、人物評価までも下げてしまうという、今回の調査結果。ストレスが大きくなってきたときには、自分の汗の匂いにも気をつけた方が良さそうだ。

参照元:Mail Online(英文)
執筆:佐藤 ゆき
Photo:Rocketnews24.