2013-10-10-13-16-12

海外で自分のスマートフォンやタブレットで手軽にデータ通信できる国際ローミングサービス。しかし、利用料金が高額なのがネックだ。日本の場合、利用料金が最大で1日3000円程度と、長期間の利用ではかなりの金額を請求される羽目になる。

・国際ローミングサービスに革命

そんななか、ドイツに本社を置きヨーロッパと北米でサービスを提供している通信会社「T-モバイル」の北米法人が、画期的なサービスを提供開始すると発表した。これがはじまれば国際ローミングサービスに革命が起きるかもしれない!?

・追加料金なしで100カ国以上でデータ通信し放題

T-モバイルUSA は Simple Choice Plan で国際ローミングサービスを標準で使えるようになると発表した。追加料金なしで100カ国以上でデータ通信し放題になるという。10月31日よりサービスを提供開始する予定だ。

・海外旅行者、ビジネスパーソンの不満解消

これまでの国際ローミングサービスの大きな不満のひとつは、利用料金が高額なことであった。現地キャリアのSIMカードで格安で利用できる場合もあるが、事前に調べたり現地で購入したりするのはやはり手間である。サービスの標準装備により不満や手間が解消されることは、海外を飛び回るビジネスパーソンや旅行者にとって大変ありがたい。

・通信スピードは標準では速くない

通信データ量に制限がない一方、通信スピードが標準では約128Kbps に制限される。アメリカの CNET によると、15ドルで最大1日100MB分、20ドルで1週間200MB分、50ドルで2週間500MB分のデータを速く通信できるオプションが用意されているとのことだ。

ちなみに海外旅行するアメリカ人の約40パーセントが、国際ローミング機能をオフにしていると同社は発表している。通信スピードが遅いとはいえ、つながるとつながらないのでは大違いだ。喜ぶ人がいるのは間違いない。

・日本の通信キャリアはどうする?

なお、このサービスは TモバイルUSA が打ち出している「脱キャリア」の一環で導入されたようだ。日本もアメリカ同様、通信キャリアの競争はし烈である。導入キャリアが現れることを期待したい。

(お詫びと訂正 2013年10月13日)当初、国際ローミングサービスは「月10ドルのオプション」としていましたが、正しくは「Simple Choice Plan の標準機能」となります。読者の皆様、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

参照元:T-Mobile / News ReleaseCNETTHE VARGETechCrunch(英語)、Wireless Wire News / 「脱キャリア」宣言
Photo:RocketNews24

▼ これらの国と地域が対象だ
アイスランド、アイルランド、アラブ首長国連邦、アルゼンチン、アルバ、アルメニア、アンギラ、アンティグア・バーブーダ、イースター島、イギリス、イスラエル、イタリア、イラク、インド、インドネシア、ウクライナ、ウズベキスタン、ウルグアイ、エクアドル、エジプト、エストニア、エルサルバドル、オーストラリア、オーストリア、オーランド諸島、オランダ、オランダ領アンティル、ガーナ、ガイアナ、カタール、カナダ、カンボジア、キプロス、キュラソー島、ギリシャ、グアテマラ、グアドループ、クウェート、クリスマス島、グレナダ、ケイマン諸島、ケニア、コスタリカ、コロンビア、サウジアラビア、サン・バルテルミー島、ザンビア、ジャマイカ、シンガポール、シント・マールテン、スイス、スヴァールバル諸島、スウェーデン、スペイン、スリナム共和国、スリランカ、スロバキア、セント・マーチン島、セントキッツ・ネイビス連邦、セントビンセントおよびグレナディーン諸島、タークス・カイコス諸島、タイ、チェコ共和国、チリ、デンマーク、ドイツ、ドミニカ、ドミニカ共和国、トリニダード・トバゴ、トルクメニスタン、トルコ、ニカラグア、ニュージーランド、ノルウェー、バーレーン、パキスタン、バチカン市国、パナマ、バミューダ、バルバドス、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、フェロー諸島、ブラジル、フランス、ブルガリア、ベトナム、ベネズエラ、ペルー、ベルギー、ポーランド、ボネール、ボリビア、ポルトガル、マルタ共和国、マルティニーク、マレーシア、メキシコ、モルドバ、モンセラート、ラトビア、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルグ、ロシア、英領バージン諸島、韓国、香港、台湾、中国、南アフリカ共和国、日本、仏領ギアナ