Beyond Eggs_580

試験管で培養された牛肉や遺伝子組み換えされた魚など、人工的に作られた食品が次々に登場する現在、今度は植物から作られた人工卵がアメリカで発売開始され、大きな話題となっている。

・ビル・ゲイツも支援

植物から作られた人工卵「Beyond Eggs(ビヨンドエッグ)」は、マイクロソフト社のビル・ゲイツや PayPal の創業者ピーター・シエルの支援により、米カリフォルニア州のスーパーマーケットで発売が開始された。世界中のスーパーマーケットでお目見えする日も近いという。

・材料は12種類の植物

人工卵を開発したのは、Hampton Creek社のジョッシュ・テトリック氏だ。人工卵は、カナダ産のエンドウ豆や東南アジア産の豆など12種類の植物を使用して作られており、完全植物性である。これを混ぜ合わせるだけで、卵の代わりとなる味と栄養分が得られる。

・マヨネーズやケーキ作りに最適

現在のところ、「Beyond Eggs」はマヨネーズやケーキ作りに最も適しているとのこと。各界の著名人が集まった試食会に参加したビル・ゲイツと元イギリス首相のトニー・ブレアは、普通の卵と人工卵をそれぞれ使用したクッキーの違いを区別できなかったそうだ。しかし「いり卵」などの料理で、卵本来の味を再現する段階には至っておらず、さらなる開発が必要だという。

・発展途上国での流通が狙い

「Beyond Eggs」の利点は、独自に栄養分を追加できるところだ。発展途上国で不足しがちな栄養分を人工卵から補うことが可能な上、現地の農業者が人工卵に必要な作物を育てることで、新たな収入源を得られるようになる。同社は将来的に発展途上国で、独自に人工卵を開発することを許可する意向だ。

卵アレルギーがある人や、カロリーを気にする人には朗報かもしれない。様々な食品が次々に登場する現代、何を選択するかが重要になっていくのだろう。

参照元:YouTubeMail Online(英文)
執筆:Nekolas

▼これが「Beyond Eggs」の製作過程だ!