ot1-e1375157990143

季節は夏真っ盛りですが、本日は冬の風物詩、ミカンのお話です。

海外サイト『BuzzFeed』によると現在、とーってもユニークなミカンの皮のむき方が、海外で話題になっている模様。

日本の出版社『スモール出版』から発売されている単行本『みかんの面白いむき方大百科』を元に、動画サイトにアップされた、目からウロコの皮むきアイデアの数々。イモムシにお花、時計モチーフなど、斬新すぎるそのむき方に、きっとあなたも今まで普通にミカンの皮をむいていたことを後悔するはず!

ミカンの皮の驚くべき可能性を目の当たりにした人々からは、以下のような声が寄せられています。

「なにこれ、忍者の仕業なの?」
「信じられない! こんなの生まれて初めて見たわ!」
「オリガミならぬオレンジガミだね」
「コレ高校生のとき知っていれば人気者になれたのに……」
「普通のオレンジじゃできないだろうからあまり興味が沸かないな」
「トマトで同じことやったことある」
「ここまではしないけれど、ミカンを食べるときはいつも、皮が長く連なった線状になるようにむいているわ」
「時計モチーフのやつ、まさに『時計仕掛けのオレンジ』じゃん!」
「すぐ口に入れたくて皮のことはつい忘れちゃうから、これは思いつかなかった」

みなさんやはり驚いているようですね~。ちなみに写真などがアップされていないため、「トマトで同じことをやった」発言の信憑性は、限りなく薄いかと思われます、ハイ。

ミカンが出回る季節はまだまだ先ですが、観たら絶対に試してみたくなること間違いナシ。ミカンを食べる機会がある際にはあなたもぜひ一度、挑戦してみてはいかがでしょうか。

寄稿:Pouch
参照元:BuzzFeed(英文)

▼ミカンの上部と下部の皮をむいたら……
ot2

▼慎重に半分こに
ot3

▼ひと房ずつ切り離したら……
ot4

▼イモムシのできあがり♪
ot5

▼早速、レッツトライ!

▼次はお花を作ってみましょう
ot6

ot7

▼最後は時計に挑戦だ☆
ot8