飲食店やコンビニで、冷蔵庫に入ったり食品のうえに乗るという不祥事が相次いでいる。それらの出来事はインターネット上に画像が公開され、明るみになることが多いのだが、何も日本だけでそのような不祥事が起きている訳ではないようだ。

アメリカのとある病院で信じられない出来事が起こった。手術で麻酔中の患者の顔に、いたずらをしてその画像を Facebook に公開したというものだ。患者は病院と医師を告訴している。

・患者は病院に13年勤務していた女性

問題が起きたのは、米カリフォルニア州のトーランスメモリアルメディカルセンターという病院だ。この病院で13年働くヴェロニカ ・バルディーズさん(36歳)は手術を受けることになった。職場で手術を受けることは、彼女にとっても安心感があったに違いない。手術に携わった医師たちとも親しくしていたようである。

・医師がいたずら、看護助手が撮影

ところが、その親しみが悪い方向へと働いてしまったようだ。麻酔医師は彼女が眠りについている間に、顔にテープを貼ってヒゲが生えているようないたずらをしたのである。目元には涙まで書いて遊んでいたのだ。そればかりか看護助手は、いたずらされた彼女の顔をスマホ端末で撮影していた。

・女性の友人「Facebook で見た」

ヴェロニカさんはいたずらされたことを知らなかったのだが、別の友人が「Facebook で見た」と話したことから事態が発覚。彼女は侮辱を受けたとして職場復帰せず、病院と医師を告訴したのである。

・「楽しんでくれると思った」

当然ながら、手術中にスマホやカメラを手術室に持ち込むことは許されていない。まして、患者にいたずらするとはあるまじき行為である。

医師らは「彼女がいたずらを楽しんでくれると思った」と話しているそうなのだが、ヴェロニカさんの怒りは収まりそうにない様子だ。なお、医師らは Facebook への投稿を否定しているというが、では一体、彼女の友人はどこでいたずら顔を見たというのだろうか?

・過去にも同様の事件

実はこの病院では、以前にセールスマンが患者の裸を無断で撮影し問題になったことがある。どうやら病院の管理体制に問題があるのではないだろうか。

参照元:LosAngelsTimes(英語)

▼問題の画像
surgery