shokubutu-photo

ある製品のセキュリティーの脆弱(ぜいじゃく)性が指摘され、海外で注目を集めている。その製品とは「トイレ」、ひらたく言うと便器である。米オピニオン雑誌「アトランティック」が報じた。

問題となっているトイレは、日本企業・株式会社リクシルの製品だ。同社が展開するブランド「イナックス」シリーズのシャワートイレ一体型便器『SATIS(以下サティス)』である。

・「スマートフォンリモコン」という機能
このサティスには、「スマートフォンリモコン」という機能がある。専用アプリ『My SATIS』をアンドロイド搭載スマホにダウンロードすることにより、Bluetooth通信でスマホをトイレのリモコン代わりにできるというものだ。具体的には、シャワーの洗浄位置や水量の強弱などが操作できる。

・PINコードが固定されていた
だが、ここへきて米・情報セキュリティー会社のトラストウェーブ社がサティスの脆弱性を指摘した。トイレと Bluetooth で通信するには暗証番号となる PINコードが必要だが、そのPINコードが「0000」に固定されていることが問題視されているのだ。

現状では専用アプリの「My SATIS」が誰でもダウンロード可能だ。そのため、トイレとスマホのペアリングをクリアすれば、第三者が自由にトイレを操作できることになる。

・悪用されれば悲劇が起こりうる
機能が悪用されれば、トイレの水をエンドレスで流し続けられたり、勝手にフタを開閉されたりするかもしれない。シャワーや乾燥機能まで操作されてしまった日には、想像するだけで悪夢の光景が広がりそうだ。

サティス紹介の公式動画によると「これまでにない直感的な操作」がウリのようだが、他人にも直感的に操作されてはたまらない。悪意ある愉快犯などのせいで被害者がでないよう願うばかりだ。

参照元:Mashablethe Atlantic(英文)、LIXIL
photo:RocketNews24.
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]