IMG_1204

安全な空の旅のために行われる手荷物検査。中国のある空港であるとんでもない手荷物が発見された。なんと乗客の荷物の中に足が生えたハンバーガーが映し出されたというのだ!

どう見ても何らかの生物。というか亀。しかし男は「これはケンタッキーのハンバーガーだ!」と言い張ったという。

・足が生えたハンバーガーが発見される
事件が起きたのは広東省広州市にある白雲空港だ。2013年7月29日午前10時頃、白雲空港の手荷物検査場に北京行きの飛行機に乗る予定の男性が現れた。

そして男性が持っていたケンタッキーフライドチキン(KFC)の紙袋をX線の機械に入れたとき、事件は起こった!! 袋の中のハンバーガーの包みがおかしい。ハンバーガーのほかにツノのような足のようなものが映っているのだ。どう見ても亀。これはハンバーガーではなく亀だ。

・係員「亀ですよね?」 男「ハンバーガーです!!」
中国でも動物を客室に連れて乗ることはできない。日本と同様に、しかるべき手続きをし、別料金が必要。さらに客室とは別の貨物室での輸送となる。

そこで空港の係員は、男性に「お客様、もしかして袋の中に亀をいれてらっしゃいませんか? 中を見せていただけますか?」と確認をしようとした。すると男性は「これはハンバーガーですっ! 何も面白いものなんて入ってませんよ!!」と抵抗。中身はハンバーガーであると言って譲らないのだ。

・亀だった
絶対に中身は見せないという男性。これはますます怪しい。係員がもう一度袋の中身を見せるよう要求。男性は袋の中身は亀であることを認めた。

・男「愛する亀と一緒にいたかった、そのためにはこうするしかなかった」
男性はなぜ亀をハンバーガーに偽装しようとしたのだろうか。その理由について男性は愛する亀と一緒にいたかった、そのためにはこうするしかなかった、と話しているそうだ。一部では、「バレるとは思わなかった」とも話しているという。

・愛しているならしかるべき方法で
いずれにせよ、動物を機内に持ち込むのは他の乗客の迷惑になる可能性がある。さらに、ハンバーガーと一緒に数時間つめこまれるなんて亀にとってもストレスになりそうだ。愛情をかけているなら定められた手続きを踏むべきである。

なお、ハンバーガーにされた亀だが、空港係員の粘り強い説得により、男性は亀を見送りに来ていた友人に預けて旅立ったとのことである。

参照元: 網易新聞(中国語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.
[ この記事の英語版はこちら / Read in English ]