book

何年も前に友人や知人から借りて以来、返しそびれているものはないだろうか。もしかしたら貸した本人すら忘れているかもしれない。だが、どんなに遅くなってしまっても、借りたものを返すことに遅すぎるということはないようだ。

現在アメリカでは、とある図書館に、返却期限から41年遅れの本が返されて話題を呼んでいる。しかも、そこには謝罪の手紙と延滞金として約3万円が添えられていたという。

・41年遅れで返却
米オハイオ州シャンペイン郡の図書館に、返却期限切れの本が一冊戻ってきた。本の延滞自体は珍しいことではないが、その本の返却期限を確認した職員は驚愕の事実に気付いた。なんと、その期限は1972年7月17日だったのだ。つまり、41年遅れである。

・謝罪の手紙と延滞金が添えられていた
だが、返却期限以上に図書館の職員たちを驚かせたのは、本に添えられた一通の手紙と延滞金だったという。手紙には、署名なしで次のように書かれていた。

「返却が遅くなったことをお詫びします。実は私、読むのがすごく遅いのです! 一日につき2セントで41年分の延滞金、計299ドル30セント(約3万円)を同封します。本当に申し訳ございませんでした!!」

・図書館責任者「遅すぎることはない」
図書館の責任者タイ・ヘンダーソン氏は、「延滞している本を返すのに遅すぎるということはありません」と語っている。また、この図書館によく来るという女性は、「返却した人はとても正直者だと思います。ただ本を返しただけでなく、きちんと延滞金も支払ったのは素晴らしいことです」と、延滞を批判するよりもむしろこの行為に感激している様子だ。

・海外ユーザーたちも感動
地元メディアなどがこの出来事を報じたところ、多くの人々が驚き、感銘を受けたようだ。ネットユーザーたちからは、「素晴らしい正直者だ」、「感動した」、「この本を読みたくてずっと返却されるのを待ってたんだ!」などのコメントが寄せられている。

ちなみに、41年遅れで返却された本のタイトルは『The Real Book About Snakes』。Snake(スネーク)……どうやら蛇に関する本だったようだ。

参照元: Facebook Champaign County LibraryYouTubeHuffington Post(英文)