誰だってオナラをする。美女でもイケメンでもオナラをする。だが、するときの状況には気を付けなければならない。周囲の人があまりにも不快に感じるような一発は、思わぬ事態へと発展する可能性もあるのだ。

アメリカには、不用意なオナラで警察沙汰へ発展させてしまったカップルがいる。彼氏の強烈な放屁が同じ部屋にいた彼女だけでなく、隣人をも巻き込んだ大騒動を引き起こしてしまったのだ。

・彼氏「ブッ!(放屁)」 → 彼女「やめて!」
事の発端は、彼氏が彼女への配慮なくオナラをブッ放しまくったこと。相当な苦痛だったのだろう。彼女は「やめて!」と何度も叫び続けたという。

・隣人が叫び声に気付く
その叫び声に隣人が気付いた。近所の家で女性が「やめて!」と繰り返し叫んでいる。もしもこんな状況に遭遇したら、あなたなら近所の家では何が起きていると想像するだろうか。

・DVだと思った隣人が通報
この隣人はDVだと考えた。女性が同居人に暴力を振るわれていると思ったのだ。そしてすぐさま通報。オペレーターに対して、「 “やめて!” という女性の叫び声を聞いた。叫び声の合間には大きな音も聞こえた」と伝えたそうだ。

・彼女「彼氏がオナラをしまくるから叫んだ」
警察が駆けつけ事情を聴くと、女性は叫んでいたことを認めたという。「彼氏がオナラをしまくるから “やめて!” と叫んだ」と。叫びたくなるほどの他人のオナラ……彼女の苦痛は想像に難くない。

参照元:Huffington Post(英文)