toilet1

みなさんは、トイレ後にきちんと手を洗っているだろうか。当たり前だろ! と思われる方もいるだろうが、トイレ後の手洗いが習慣化されていない人も意外にいるようで、特に男性に多いという。

そんな状況を見かねたあるデザイナーが、男性に手洗いを促すべく蛇口付きの小便器を開発した。これにより、用を足した後に手を洗う人が少しでも増えることを期待しているとのことだが、この斬新なアイデアには賛否両論が巻き起こっているようだ。

・ハンズフリー蛇口の付いた小便器
用を足した後にその場で手洗いもできる便器を開発したのは、ラトビア人デザイナーのカスパルス・ユルソンスさん。彼は、この蛇口付き小便器を「STAND」と名付けた。蛇口部分にはセンサーが取り付けられているため、トイレ後どこかに触れることなく、すぐに手を洗える仕組みだという。

・男性に手洗いの習慣化を促すことが目的
ユルソンスさんによると、「STAND を考え出したのは、男性たちに手洗いの習慣化を促すことが目的」とのこと。「蛇口が目の前にあれば、用を足している最中から手洗いのことが頭にインプットされるはず」と、彼は語っている。

・トイレ後に時間をかけてきちんと手洗いできている男性はわずか5パーセント
実際のところ、トイレ後に手を洗わない男性がどれほどいるのかについて、米ミシガン州立大学の研究者らが行った興味深い調査結果がある。それによると、十分な時間をかけてきちんと手洗いできている男性は、わずか5パーセントだったという。

さらに、30パーセントの男性が石鹸を使わず、10パーセントの人にいたってはトイレ後にまったく手を洗わないことが判明したとのこと。

・蛇口付き小便器には異論も多い
ユルソンスさんの考え出した STAND は、手を洗わない男性たちにどこまで手洗いを促すことができるのか。ネット上では、「これなら手を洗う人が増えるかも」という意見がある一方で異論も多く寄せられている。

「用を足すところのすぐ近くにある蛇口なんか使いたくない」「手洗いの時に水しぶきがかかってズボンが濡れそう」「手洗いのシンクのところに小便する奴がでてきそう」など、実際に使うシーンを想像した男性たちからのコメントが目立つ。賛否両論ある蛇口付き小便器だが、みなさんはどのように感じただろうか。

参照元:Kaspars JursonsMail Online(英文)

▼用を足す場所のすぐ上に手洗い用シンク
toilet2
▼これなら「手を洗うの忘れた」という言い訳はできない
toilet3
▼カラーバリエーションも豊富
toilet4