beer

ビール好きにとっては嬉しすぎてたまらない研究結果が発表された! なにかと健康上の害を指摘されることが多いアルコールだが、一日に中ジョッキ1杯程度のビールならむしろ健康に良いそうだ。さらに、ラガーよりもエールのほうがより高い効果が期待でき、ノンアルコールではメリットが少なくなるという。

・中ジョッキ約1杯分のビールが循環器系に及ぼす影響を調査
ギリシャにあるハロコピオ大学の研究チームは、20代後半~30代前半の非喫煙者17名を対象に実験を行った。まず、被験者たちに400ミリリットル(中ジョッキ約1杯分)のビールを飲んでもらい、2時間ほど経ったところで、心臓や血管などの循環器系にどのような影響があるかを調べた。

・適量のビールは血流や動脈の硬さに良い効果をもたらす
結果、血流は良くなり、動脈の硬さも柔軟になっていることが判明。これは、適量のビールが動脈硬化予防の一因となり得ることを表しているという。つまり、動脈硬化によって引き起こされる心筋梗塞や脳卒中などの予防にもつながるとのこと。

・ノンアルコールビールやウォッカでは通常のビールほど効果は得られない
さらに研究チームは、同様の実験をノンアルコールビールと少量のウォッカでも行った。すると、動脈の硬さに関してはどちらも一定の効果がみられたものの、ビールほどではなかったという。また、血液の流れについては両者とも特に良い効果は得られず、メリットがあったのは通常のビールのみという結果になったそうだ。

・ラガーよりもエールのほうが循環器系にはより効果的
研究チームによると、「ビールが循環器系にもっとも良い効果をもたらした原因として、ビールに含まれるアルコールと抗酸化物質の組み合わせが影響していると考えられます」とのこと。さらに、種類豊富なビールの中でも、すっきりとしたキレのあるラガー系よりコクのあるエール系のほうが、循環器系にはより効果的であることもわかったそうだ。

・適量を守ろう
ただし研究チームは、「一日に400ミリリットル程度ならば良い効果が期待できるが、飲み過ぎれば当然害にもなり得ます」と忠告しており、あくまでも適量を守ることが大事だとしている。ビールが美味しいこれからの季節は、適量を意識しつつ、仕事終わりやお風呂上りの一杯を楽しみたいものである。

参照元:Mail Online(英文)
photo: Rocketnews24