ongagku
最近は在宅ワーカーや仕事の場所を選ばない「ノマドワーカー」が増えつつあるが、自由なスケジュールの中でいかに仕事に集中して、成果を出すかは、多くの人の関心ごとだ。

集中力を高める方法のひとつがBGMを流すこと。では、何の音楽を流せばいいのか? おススメはクラシックの定番「モーツァルト」である! 最新の研究で、モーツァルトの音楽は集中力を高めるのに最高のBGMであることが証明されたのだ。

・子どもと高齢者に「ストループテスト」を実施
今回の研究は、京都大学と米ハーバード大学の共同で行われた。8歳、9歳の男の子25名と、65歳から75歳の25名に研究に参加してもらった。

研究チームは、参加者に対して「ストループテスト」を実施。ストループテストとは、例えば青色のインクで書かれている「赤」という文字を見て、その文字の色を回答するというテストだ。2つの情報「文字」と「色」が干渉し合うため、正確な色を答えるには集中力を要するというわけだ。

・協和音のモーツァルトを聴くと、回答速度が速まり正解率が高くなる
参加者には、このストループテストを3回、受けてもらった。最初はモーツァルトの「メヌエット」をBGMに、2度目は同じメヌエットだが、不協和音が途中で入るバージョンをBGMに、そして3度目は音楽を流さない静かな状態で、テストを実施した。

その結果、両年齢グループにおいて、初回の不協和音のないモーツァルトを聴いたときが、最もテストの回答速度が速く、正解率も高いという結果に。一方、不協和音が途中で入るバーションを聴いた際には、回答速度がとても遅くなり、誤答率も高まるという結果になった。

・研究チーム「協和音は脳の認識機能を高め、集中力を高める」
研究チームは「協和音は脳の認識機能を高め、雑音を排除して集中力を高める効果がある」と説明している。また「元々音楽というのは、矛盾した情報を認識することから生ずるストレスを排除し、知識を蓄積し、人間の文化が進化していくために、発展していった」という。

モーツァルトの音楽が、時代を超えて人々に愛される背景には、こうした人間の進化に関連する理由があるからなのかもしれない! 

さて、早速今日から仕事や勉強の際には、モーツァルトを流してみてはどうだろうか? 

参照元:Mail Online(英文)
執筆:佐藤 ゆき
Photo:Rocketnews24.