OLYMPUS DIGITAL CAMERA

梅雨のシーズンは天気が荒れて雷が鳴り響く事も珍しくない。落雷による被害が急増するのも梅雨の時期だ。家に落ちて屋根や電化製品を壊すだけでなく、人に落ちて命を奪うこともある。

その落雷に関する衝撃的な統計が発表された。なんと「落雷で死亡した人の82パーセントは男性」なのだという。なぜ男性の死亡者が極端に多いのだろうか? その理由は以下のとおりだ。

・落雷の危険性の認識不足
落雷で死亡した人の82パーセントが男性という統計は、アメリカ気象局が6年間で集めた238件のデータを元に発表されたものだ。同局によると、男性の高い死亡率の原因は「男性は落雷の危険性を十分に理解しておらず、落雷を受ける可能性の高い場所にいたり、落雷の危険があってもすぐに逃げない」からであるという。

・1年間で最も危険なのは7月
1年間で死亡率が最も高い月は7月で、比率で言うと34パーセント。続いて6月の23パーセント、そして8月の14パーセントと続いている。トップ3はいずれも夏だ。

やはり天気が崩れやすい時期だということと、野外でレジャーを楽しむ人達が増えるからだろう。なお、1週間の中で最も死亡率が高いのも「週末」である。

・ゴルフよりも「釣り」が危険
ちなみに、落雷による死亡率が最も高いレジャーは「釣り」であるという。印象としては「ゴルフ」が危険と思われがちだが、意外なことにその死亡率は非常に低い。「通勤中」の死亡率とほぼ同等である。理由は、ゴルファー達の間で「落雷の危険性」が浸透していたからだそうだ。

夏が近付くにつれて、外で過ごす時間が増えてくる。特に男性は落雷には要注意だ。もしも雷が聞こえてきたら、すみやかに安全な場所に避難するようにしよう。

参照元:io9(英語)
執筆:いむあ