5254522525451-104152

ある画期的なアイテムが開発中とのニュースが報じられた。そのアイテムとは“望遠機能つきコンタクトレンズ”! しかも装着したまま望遠の視野と通常の視野を自在に切り替えられる仕様にするというのだ。

このレンズの開発を手がけるのは、スイス連邦工科大学とカリフォルニア大学の共同研究チームである。米国防高等研究計画局が資金を提供しているとのことだ。

望遠コンタクトレンズは、ちょうど厚さ1ミリメートルほど。装着すると、カメラに望遠レンズを取り付けたときのように通常の2.8倍の視野が得られるという。

試作品では、眼球の実物大の光学機械式モデルと3Dテレビ用の3Dメガネを使用して実験が行われた。研究者たちは、現時点では3Dメガネが必要だが将来的にはメガネに使われている液晶シャッター技術を直接レンズに埋め込めると確信しているそうだ。

自分の目でカメラレンズのような望遠の世界を体験することができるなんて、なんとも楽しみな話である。スポーツ観戦やコンサートなど広い敷地でのイベントに大活躍しそうなこのアイテム、実用化が待ち遠しいぞ!

参照元:Mashable(英文)
Photo:RocketNews24