Osiris

イギリスの博物館で衝撃的な怪奇現象発生! 動くはずのない古代エジプトの像が動き、関係者は震え上がっているという。

・オシリス像が勝手に回る
怪奇現象が起きているのは、英マンチェスター博物館。ここにある4000年前のオシリス神の像が、なんと勝手に回り出すというのだ。まさかと思ったスタッフが、監視カメラを設置したところ、本当に勝手に回っているのである。これは本当にエジプトの呪いなのか!?

・スタッフ数人しか像に触れられない
最初に異変に気付いたのは、博物館の学芸員キャンベル・プライス氏だ。エジプトに関する所蔵品に触れられるのは、彼を含めて数人しかいない。しかも像はガラスケースに収められているので、一般の人が触れることはできない。それなのに、ある日気が付くと正面を向いているはずの像が、異なる方向を向いていた。

・誰も触れていない
向きを直して一夜経つと、また違う方向を向いていた。再び直したのだが、一夜経つとまた別の方を向いていた。スタッフで話し合ったところ、誰も動かしていないことが判明。困惑したプライス氏は監視カメラを設置することにした。

・ゆっくり360度回転
1分ごとに撮影するカメラを一週間設置。その間、像が向きを変えても元に直さないようにした。すると像は、ゆっくりではあるが360度回転したのだ。

・微細な振動の影響か?
一体どのように像は動いているのか? スタッフは微細な振動が影響しているのではと考えた。博物館の客や近所を通る車の振動が、像に何らかの影響を与えていると考えたのだ。しかしもし、微細な振動が影響しているとしても、円を描いて動くことを説明できない。したがって、原因は不明のままだ。

・呪いの仕業?
ちなみにエジプトのピラミッドから、遺物を略奪した人は、ファラオの呪いにかかったという言い伝えがある。もしかしたら、オシリス神の像も何かの呪いで動き出しているのでは……。とにかく説明不能な怪奇現象である。

参照元:Youtube

▼2013年4月2~9日の監視カメラの映像。静かに回るオシリス像が不気味