te-e1368187055518

手がいつのまにか、手を写した写真に。それをくしゃくしゃに丸める手と、それを切り刻む手、そして切り刻まれる手……!? 動画サイト『Vimeo』に投稿されていた作品『SCREENGRAB』は、手と写真が織りなす、永遠に続くのかとも思われる物語。

果てなく繰り返す無限ループに知らず知らずの間に引き込まれ、飲み込まれ、気が付けばそれが妙に心地よい。どこからどこまでが本物の手で、またどこからが写真なのかもわからない。けれどその境界線の曖昧さもまた、絶妙に気持ちいいのです。

それにしても、どうしてこのような発想ができるのでしょうか? これもセンスと才能がなせる技なのでしょうね。あまりにも不思議すぎて、あまりにもステキすぎて感動してしまいます。

何度でも繰り返し、繰り返し観たくなる。中毒性が高いので、どうかハマり過ぎないよう、くれぐれもお気をつけて。もしかすると、この世界から抜け出せなくなるかも!?

寄稿:Pouch
参照元:Vimeo

▼ループ&ループ&ループ