disneydai1
アメリカ・フロリダに位置する世界最大のアミューズメントリゾート「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」(以下ディズニー・ワールド)。その夢と魔法の国で、とんでもない過ごし方をする人々が現れ、現在多くの人の反感を買っている。

人々の怒りを買うその過ごし方とは、障害者を雇って、長蛇の列を避けるというものである。これは「Dream Tours Florida」という会社が提供しているサービスであり、申し込めば障害者の人が家族のふりをしながら同伴してくれる仕組みである。

・富裕層に人気の闇サービス
それでは、なぜ障害者を雇う必要があるのだろうか? なぜならディズニー・ワールドでは、障害者は最大6人までの同伴者と共に、優先ゲートを利用できるようになっているからだ。

「Dream Tours Florida」が案内しているこの闇サービスは1時間130ドル(約1万3000円)、1日8時間コースで1040ドル(約10万7000円)という価格設定になっており、アメリカ・マンハッタンに住むお金持ちの間で人気のようである。そしてこのサービスを利用したある家族の母親は、その感想について以下のように話している。

「私の娘が、『イッツ・ア・スモールワールド』(アトラクションの名前)に乗るのに待った時間は1分なのに対し、他の子どもたちは2時間半も待たなければなりませんでした。このツアーガイドなしには、もうディズニーには行けませんよ。これが、1%の人たちがおこなっているディズニーの楽しみ方です!」

鼻高々にこう語っていたというこの母親は、夫、5歳の娘、1歳の息子、そして家族を装うスクーターに乗った障害者と共にディズニー・ワールドに入園。するとアトラクションに行くごとに通常の入口とは違う優先ゲートに案内されたそうだ。

・海外ネットユーザー怒り爆発
この闇のサービスが海外ニュースサイトで報じられるとネットユーザーたちからは非難の嵐。「ホントに不快」、「この世の中には恥というものを知らない人が本当にいるのね」、「これは明らかに間違っている」など同サービスを批判するコメントが、次から次へと寄せられている。

ディズニーがゲスト(利用者)に向けた思いやりの精神を、逆手に取った今回の闇ビジネス。彼らにはディズニーの生みの親「ウォルト・ディズニー」が、一体何のためにディズニー・ワールドを作ったのかをいま一度考えてほしいものだ。

参照元:New York Post, Daily Mail(英文)
執筆:田代大一朗