男性の皆さん、大変です! オーストラリアの権威ある科学者ジェニー・グレイヴス(Jenny Graves)教授が「男は500万年後には絶滅している」と発表し、現在物議を呼んでいるんです。しかも、その過程は既にはじまっているのだとか。これはえらいこっちゃ!

彼女によれば、男性の持つY染色体は「潜在的なもろさを持つ」のだとか。この理論は、「女性と男性の染色体が保有する遺伝子数の差」を元に導き出したもの。

どういうことかというと、女性のX染色体が持つ遺伝子数はおよそ1000個。男性のY染色体も元々は同じ数でしたが、長い年月の内にどんどん減り、現在ではおよそ100個しかないのだそう。その中にSRYという「性別を雄に決定する遺伝子」も含まれています。

また、女性はX染色体が2つで補い合えるのに対し、男性はX染色体が1つと ”弱々しい” Y染色体という組合せ。そのため、女性の方が自己修復能力に優れているということのようです。

彼女によれば、Y染色体に残された100の遺伝子は、「ほとんどゴミ同然」で「進化上の事故に過ぎない」とまで。「男女間の進化上の戦いは、確実に女性の勝利に終わるはず」なのだとか。なんとも過激な内容ですが、これを受けたイギリスの科学会では「まあ、気にしなさんな」といったムードのようです。

「Y染色体の遺伝子保有数は、少なくとも25万年は変っていません。気にする必要もありませんよ。」(性染色体の権威ロビン・ラヴェル-バッジ教授)

「もしそうなるとしても、はるか先の話。その頃までに医学の進歩が追いついているでしょうね。」(ロンドン大学のクリス・メイソン教授)
 
そうなのか。うーん、でも否定はしていないところが逆に……。グレイヴス教授自身は、「Y染色体が淘汰されれば、それに替わる別の染色体が生まれ、新しい人類の誕生に繋がるかもしれない」と考えているのだとか。そうしたことは、日本のトゲネズミなど生物学上の先例も確認されているのだそうです。

寄稿:Pouch
参照元:dailymail.co.uk(英文)