aptwitter

最近Twitterのハッキング騒動が増えています。つい先日も吉野家のアカウントがハッキングされたのではないか、という騒動がありました。

そんななか、アメリカの大手通信社 AP通信(The Associated Press)が衝撃的な情報をTwitterに投稿し、一時株価が乱高下する騒ぎになっています。以下はその投稿内容です。

・AP通信アカウントが投稿した内容
「速報: ホワイトハウスで二回の爆発、オバマ大統領負傷」

これを受けて株価が急落、時価総額13.5兆円が吹き飛んだと言われています。

実はこれ、AP通信のTwitterが乗っ取られたことにより、虚偽の内容が投稿されたのです。現在アカウントは凍結され、すべての投稿が確認できない状況になっています。

アカウントの乗っ取りについて、シリア電子軍(The Syrian Electronic Army)が犯行声明を出しています。FBIはただちに捜査を開始し、事態の解明を急いでいます。またホワイトハウスのオバマ大統領は何事もなく、普段通りに過ごしていると伝えています。

Twitterのセキュリティに関する問題は、今後さらに重要になってくるのではないでしょうか。

参照元:Engadget, The Associated Press(英語)

▼ AP通信のアカウントを乗っ取ったことを伝えるシリア電子軍のサイト
Syrian Electronic Army