article-0-1939D43C000005DC-765_634x406

中東・ドバイといえば、近年急速な発展を遂げたことで知られる。世界一高い建物の「ブルジュ・ハリファ」や超高級ホテルの「ブルジュ・アル・アラブ」などが有名で、世界有数の観光地としても注目を浴びている。

そんなドバイで、新たに観光の呼び物になりそうなものが発表され話題を呼んでいる。それはドバイ警察のパトカーなのだが、そんじょそこらのパトカーではない。なんと! あのイタリアの自動車ブランド、「ランボルギーニ」のパトカーなのだ!!

ドバイ警察が採用したのは、ランボルギーニのスーパーカー「アヴェンタドール」だ。日本では2011年秋に販売が開始されており、1台約4200万円もする高級車である。その最高速度は時速350キロを超えるとのことで、当局は主に高速道路でのパトロール用に使用する方針だという。

ということは、ドバイに行って高速道路を走っていればこの緑と白のアヴェンタドールを目撃できるかもしれないのである。この発表に、海外のネットユーザーたちも興奮気味だ。

「これに乗れる警官はラッキーだな」
「ドバイ警察に応募したい」
「こんなことできるのドバイだけ」
「これから毎日ドバイ警察では誰がこのパトカーに乗るか揉めるな」
「お金はあるのかもしれないけど、ここまでやる必要ある?」
「これは逃げられねぇ」

……などなど、カーマニアにはたまらないだろう。それにしてもランボルギーニをパトカーにしてしまうとは……やはりお金持ちはやることが違うようだ。

参照元:Mail Online(英文)、YouTube VVIP FM.、YouTube breaknewsall999



lamborghini1
lamborghini2