goophone-i5S

今年2013年に発売すると噂されているiPhoneの新モデル「iPhone5S」。その世界大注目のiPhone5Sをパクった商品がすでに登場し、海外で大きな話題になっている。その偽iPhone5Sを開発したのは中国企業Goophoneであり、商品名はズバリ「Goophone i5S」(グーフォーン アイファイブエス)だ!

そして気になるスペックは、以下の通りである。

OS:Android 4.1.2 Jelly Bean
CPU:1GHz MediaTek MT6577(デュアルコア)
RAM:512MB
ディスプレイ:4インチ(854×480ピクセル)
前面カメラ:130万画素
背面カメラ:500万画素

iPhone5に見た目がそっくりなGoophone i5Sには、この他に「iOS UI」と「Android UI」の2つのインターフェースを切り替えられる機能も備わっているのだが、iPhone5と比べるとやはり機能面ではまだまだである。

そして肝心の値段は$149.99(日本円約1万4000円)とお求めやすい価格設定となっており、この安さにひかれて買う人も少なからず出てくるかもしれない。しかしここでひとつ気がかりなのは、噂されている本物のiPhone5Sが発売されたときの話である。

なぜなら以前Goophoneは、iPhone5のパクリ商品「Goophone i5」を発売する際、中国国内で特許申請を行い、後から発売が発表された本家iPhone5に対して特許侵害で訴えると息巻いていたからだ。

つまりもしiPhone5Sがこれから発売されたら、GoophoneがApple相手に訴訟を起こすぞと再び騒ぎ立てるかもしれないということである。そう考えるとこのGoophone i5Sは、Appleにとって、いろいろと頭を抱えさせられる商品であることには違いないだろう。

参照元:GizmoChina, Android Sale, YouTube/AndroidSale

▼こちらが話題になっているGoophone i5S
背面には、Goophoneのトレードマークである “ミツバチ” の姿が!

goophone-i5S

▼Goophone i5Sのデモ動画